FC2ブログ
タイガーペイント君
実家に帰省(寄生)中である。
実家には以前、ヤフオクで落札した中国製の格安バイオリンが置いてある。
以前、この子のことは書いたが、なにしろ、魂柱が接着されていたり、杢が手書きで描かれていたりする強者である。

tigerpaint.jpg


もちろん、これはこれで、問題ないというか、ネタを提供してくれて感謝したいくらいである。
せっかくなので、この子にも名前を付けよう。

手書き杢のバイオリンよ、汝に名をあげよう。
「汝は、タイガーペイント」


今日、タイガーペイント君を弾きながら、魂柱の調整をする。(なんで、帰省中に魂柱立てを持っているのかなど、愚問を口にしないように)

魂柱の接着を剥したときに、魂柱の端の方が割れていたが、弾いていると雑音が出るので、もしや、この割れが悪いのか?と、一度、魂柱を抜いて、妹の持っていた瞬間接着剤を借りて接着を試みる。が、敵もさるもの、年代もののアロンアルファでは、全く接着される様子がない。

ええい、ままよ、と割れたところを取ってしまった。

これで、雑音は出ないはず、と再度、試奏するが、やっぱり出る。

雑音になりそうなところを探すが、どうやら、テールピースを留めるテールガッドがまずそうだ。少し長すぎるきらいがある。

そこで、一度、弦を全部緩めて、テールピースを外し、テールガッドを調整する。

これで、OKである。雑音も出ないし、いい感じだ。

この子への不満は、指板とナットと駒にもあるのだが(って、セットアップはほとんどNGってか?)、これらは、帰省中で工具もないところでは触らずにおこう。

魂柱を調整したら、かなりいい感じに鳴るようになった(気がする)。

母も、「いい音がしているね、それは、い~ぐるが作った楽器?」などと聞いてくるほどだ。


ところで、実家のい~ぐるの使う部屋にはエアコンもスーブもない。さむざむとした中、毛布を描けて、ウィンドブレーカーを着ての作業である。日が落ると寒くて、細かなことは出来ないのだ(^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/12/31 19:05 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ひのきの魂柱
ホームセンターをうろついていたら、ひのきの丸棒を見つけた。外径6mmで、木目の間隔が1~2mm程度で、まっすぐな木目の材である。(しかも、値段が税込100円!)

konchu_20081228215210.jpg

これって、魂柱にもよさそう…

ということで、100円で魂柱候補を買ってきた。

IMGP0978.jpg

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/12/28 21:57 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
お届き物
今日、部屋に帰ってくると、ドアノブに何やら掛けてある。
よく見ると、

IMGP0912.jpg


航空便のようにも見える?

otodoke.jpg

こっ、これは・・もしかして?


IMGP0913.jpg

スッ、ストラディバリのポスターではないか!?

なっ、なんでこんなものが、部屋のドアノブに?



ふ・し・ぎ・な・こ・と・も・あ・る・も・の・だ

続きを読む

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/11/15 20:57 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
カメちゃん、指板をつける
またまた、ず~~~~っと間があいてますが、久々にカメちゃんの製作が一歩進みます。
といっても、指板をつけただけですが(笑)

IMGP0809.jpgIMGP0810.jpg

カメちゃんの指板、黒檀なのに、縞々の白いところがかなりあって、気持ち悪いので、少し着色しました。ただ、色を固定するのが難しく、弾いて手に汗をかくと、手が黒くなるかも?(^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/10/12 07:12 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
久々のカメちゃん
少しずつ色塗りを進めてきたカメちゃんであるが、現在の様子を写真に撮る。

IMGP0805.jpgIMGP0806.jpg

ニスは難しい・・

今回のカメちゃんは少し実験的な要素を入れている。
下塗りに、ボラックスで処理を行った上に、ケイ酸塩を塗り、さらに卵白の下塗りをしてから色ニスを塗り始めている。このやり方、本に出ていたものを色々と組み合わせてたのだが、杢があまり強く出ない。

ニスの色はバイオリンらしい色になってきたので、色自体には不満はないが、もう少し杢がはっきりしてくれるともっとよかったんだけれどね~

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/09/09 22:35 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
カメちゃん
20080630083420
友だちの少ない私にとって唯一のバイオリンを弾く昔からの知人に高校の後輩がいる。 アメリカから一時帰国した共通の友人と皆で集まったとき何十年ぶりかで顔を合せたのが数年前のこと。その時にはKITYを持って行ったのだけど優しい音がして弾きやすいと好評だった。 本人の楽器はA線E線がキンキンして何とかしたいということだ。
今年になって再びアメリカから友人が帰国したとき、メイルで皆で集合の予定を確認しあったので初めてメイルアドレスを知った。
バイオリンの話を思い出し、調整した?と問い合わせたがまだらしい。
ところで我が家にはホワイトバイオリンが一台寝ていて、せめて原価回収出来ないかなと考えていたがこれはチャンスと友人にもちかけたら原価+αで買ってくれそうだ♪
ということで昨日仕事の気晴らしついでに渦巻の成型をする。
バイオリンの名前は先に決めてしまった。本人にちなんで
カメちゃん
である。
「やっぱり亀仙人?」とは本人の弁(笑)

カタツムリ師匠、いかがでしょうか・・?(^^)
29062008.jpg

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/06/30 08:34 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
木材改質方法の特許(その2)
先日のヤマハの高温・高圧水蒸気による改質の特許はオートクレーブを持たないことにはいかんともしがたいが、ふと、燻煙処理の検索をしていて、

木材改質方法の特許

を見つけた。
出願は新しく2004年であり、燻煙という昔から行われていた手法がこの時期に特許として成立するのかは疑問(まだ審査請求はされていないだろうから・・)だけれど、書いてある内容はそれなりに参考になる。

まずは、通常の高温にしただけの乾燥では、木材内部までの温度上昇にはつながりにくく、燻煙のカーボン(煤)からの遠赤外線が内部の温度上昇につながると言う点。

次に、内部温度の上昇によって、木材中のリグニンが軟化して乾燥がさらに促進されると言う点。

この2点が特許の主な特徴であり、そのための条件を請求している。

ところで、リグニンの軟化温度は、湿潤状態と乾燥状態で異なり、この特許の温度で軟化するためには、湿潤環境でないといけない。また、構造を支えるセルロースとそれを固定するリグニンの関係があるが、リグニンが軟化することで、木材の内部応力が解放される可能性がある。これは、乾燥とは別の木材の安定性を高める効果といえよう。

これらの話は、

スギ材を生かすための挑戦

に詳しい。

面白いが、煙ムクムクの燻煙処理を一般のご家庭で手軽に試すわけにはいかず、別の代替手段を考えた方が試行しやすいだろう。

ポイントは、遠赤外線による輻射過熱である。これは、カーボンがいいのだが、活性炭もカーボンだろうから、オーブンの底に活性炭を敷き詰めれば、少なくとも下からは遠赤外線が出るだろう。ラッキーなことに遠赤外線は、透過性が高いので、バイオリンの板くらいのものであれば、上にあろうが下にあろうがあまり関係ない気がするのだ(^^;)

とすると、リグニンの湿潤環境を与えられるようにスチームが出て、温度が80~100℃に設定可能で、かつ、バイオリンの板が入るくらいの大きさのオーブンの底に活性炭をひくということで、燻煙相当の機能が得られる(かもしれない 爆)

などと考えていると・・
IMGP0619_20080604214216.jpg


望めよ、さらば与えられん・・・てか?

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/06/04 21:43 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
顎当ても肩当も・・・ニスもなしのバイオリン
このところ、ずっとほったらかしで、部屋の中にぶら下げていたホワイトバイオリンが一台ある。
ふと、こいつの音色を確かめたいと思ったので、ネックを膠で仮止めし、まだニスも塗っていなければ顎当てもついていないホワイトバイオリンをさくっとセットアップして音だししてみる。

フィッティングはこの子用にはローズウッドのものを一式用意しているけれど、ニスを塗る前の調整なので、手持ちのエボニーのフィッティングで仮にあわせておく。(ニスを塗ると状況が変わるので・・)

魂柱は、道具箱に転がっていた少し細めのもの。(長さはいいのだけれど、上下の角度が微妙に異なり、完全密着していないが、とりあえず、仮なので我慢(^^;)

同じく、駒もこの子用に用意したものではなく、以前、どれかのために使おうとして止めた使いかけの駒の足を表板のカーブに大体合わせる。

ホワイトバイオリン、顎当てもしないまま弾くと、汗でしみになるといけないので、セーム皮を当てているが、バロック時代もこうやって弾いたんだろうなぁなどと思いながら弾く。

ちょっと試奏すると、ネックのカーブが気に入らなく、ノミとスクレーパー、サンドペーパーで
カーブの修正を行って再度試奏。

IMGP0602_20080531233055.jpg


と、パキッと小さな音が? ペグでも緩んだのかと思ったけれど音程はずれていない・・
不思議だなぁと楽器を触ると・・ 指板が落ちた(!)

ほんの僅かしか膠をつけていなかったから、張力に耐えられず、外れたんだ!
再度、膠を付け直し、乾かして、今度こそと、演奏。

パガニーニの時代、まだ、顎当てが一般的ではなかったし、彼はそんなものは使わなかったのに、あれだけの技巧曲を弾いたのだ。私だって、多少のハイポジションがある曲だろうと、バロック奏法で弾けるだろう♪といつもながら楽観主義である(爆)

マスネ:タイスの瞑想曲

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/05/31 23:40 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
都内某所に・・
男が二人立つ。
歩道でもなんでもない、道路のど真ん中である。出入りのトラックなども通るし・・

男二人は、最近の激務で多少の疲れが出ているのか、幻聴を聞いたりする。
「なにやっているのアノ人たち」
「え~、バイオリン出しているよ・・」

IMGP0571_20080531074115.jpg



IMGP0573_20080531074225.jpg


なんだか、守衛さんも身を乗り出して見ていて、こちらに向かってきそうだが、おそらく、疲れの故の幻視に違いない(爆)

向かった先は・・
続きを読む

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/05/31 08:16 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
改質木材の製造方法
ヤマハが表板に木質改善を施したギターを発売した。

特許を検索すると、特開2003-145510 改質木材の製造方法がそれらしい。

ポイントは、高温・高圧水蒸気下に1時間ほど置くことだが、古木化とよんでいるこの処置、

燻煙処理もそうだが、高温に置くことで、化学変化は指数的に加速される。
そこで、この方法で木材の結晶化が進むことはありうるかもしれない。
でも、楽器の安定性はどうなんだろうね?

木材がすっかりr入るほどのオートクレープを持っていれば、追試してみるのも面白いかも?
(我が家にはないですが・・)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/05/23 00:07 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
菊田さん来日ですよ
クレモナ在住の菊田さん、この週末から来日します。

菊田さんのブログにあるように、池袋の展示会に楽器を展示するということなので、
興味のある方は、ぜひ行ってみましょう。

月曜日は小金井の宮地楽器さんに一日いるようなので、お近くの方は、
おでかけになると、池袋よりはゆっくりお話できるかも?

明日(じゃないですね、もう)は、新横浜に朝早く行くので、
バイオリンの練習はできないかなぁ・・(土曜日レッスンなのに・・今週は練習量少ない)

久々にミュートバイオリンの出番か?
(そもそも、練習するほど、早起きできるのか・・爆)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/05/22 02:05 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
オレゴンからノミ
明日は9時に品川に行かなくてはならないというのに、今日の仕事がまだ終わっていない。
家では仕事をしないをモットーにしていたのだが・・(TT)。

今日、帰ったら、なにやらオレゴンから届いている。届いたものは、愛・・・ではなくて、ノミ(笑)

IMGP0294.jpg


写真はちょっと見にくいが、届いたものは、ノミの16本セットだ。
これだけの数があると、・・・・ それだけ研がなくては!(爆)

えっと、このノミたち、セットで$25ほどと驚くほど安い(送料を考えなければ 笑)

急募、簡単丸ノミ研ぎ器(^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/04/10 02:00 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
日本郵便の不在配達通知
夕べ、出張から帰ったら、郵便受けに不在配達通知が来ていた。郵便局は朝の8時から受付が始まるので、今朝、不在配達通知を持って荷物の受け取りに行ったが、「もう配達に出てしまって、行き違いみたいです」といわれ、受け取れなかった(^^;)。

仕方がないので、夜に再配達してもらうようにお願いし、家に戻った。

今日は中学・高校の時の同級生夫妻が2年ぶりにアメリカから帰国するので、休みを取って彼ら夫妻と歓談。色々な道具やら作業しかかりのバヨ達を見て、「い~ぐる君、忙しそうだね~」、「うん、仕事している暇がないんだ」

夜になって、荷物が到着した。
IMGP0234.jpg

端の方を開けて、取り出そうと、包みを斜めにすると、何かが左手親指に当たる(イテッ)。
IMGP0236.jpg

到着したのは、こんなもの↓
IMGP0235.jpg
IMGP0239.jpg


歯をむき出しで入れておくのはやめましょうy(^^;)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/21 23:40 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
バイオリンの顎当てだとか、チェロのエンドピンだとか・・
当たり前に使っているけれど、実は、案外歴史は新しいらしい。
職場の図書館で借りた、

増補改訂版『古楽器』よ、さらば!増補改訂版『古楽器』よ、さらば!
(2000/11/01)
鈴木 秀美

商品詳細を見る


を読んでいる。これは、色々なところに書いた小文をまとめた本だ。
その中で、鈴木氏は、バイオリンの顎当ては1820年以降、チェロのエンドピンは19世紀末に一般化したと書いている。この説によれば、ストラディバリやグァルネリの時代には顎当ては使われていなかったはずだが、ストラドタイプとかグァルネリタイプの顎当てって何だろう?って疑問を感じる。

鈴木氏はチェリストなので、本にはチェロの話を中心に書かれているが、面白いのは、チェロの定番曲となっているバッハの無伴奏チェロ組曲の話で、これの5番と6番は楽譜に特別な指示が書かれているが、多くのチェリストはそれを無視して弾いているということだ。

彼の解釈のチェロ組曲を聞いてみたいと思って、二宮町の図書館を検索してみたら、ちゃんと1枚在庫しているらしい。次に図書館に行く時にでも借りてこよう♪

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)
(2005/03/21)
鈴木秀美

商品詳細を見る


年代的に、ストラディバリやグァルネリは顎当てなしを前提にバイオリンを作っていたはずだし、パガニーニだって、顎当てを使ってない様子だったので、普通に顎当てなしでバロック時代の曲は弾けるのだろう。(前に試した限り、それほど無理はないかもしれないと感じている)

私の場合、顎当てを使おうと使うまいとひどい演奏には変わりないということだが(爆)

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/02/29 23:18 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
メリークリスマス
世間はクリスマスイブでにぎわっている。

今年は、ちょうどイブが休日になり、イブの前からの3連休ということで、楽しく過ごされている方々も多いことでしょう。

い~ぐるはというと、もちろん、貧乏暇なしで、土曜日も仕事だったし、24日からは、某社の研修所の四日間コースの講師で朝から晩まで仕事である。(一日だけ、他の講師が対応するが、その日は、確定申告や税務処理など、年末のせわしない用事が目一杯入っている)

ついでながら、24日、休日なので、某社では食堂が空いておらず、「お昼はコンビニ弁当をご用意させていただきます」と(!)。

4日間はバヨにも触れそうにないので、今日は、少し時間を取って練習。

それ以外に、このところ、トライしているのが、ベースニスの作成だ。

DSCN1069.jpg


Sacconiの本にストラディバリはテレピン油にプロポリスを溶かしたものをベースのニスにしたと書いてあったのだが、プロポリスは高価なので(^^;)、テレピン油にダンマル樹脂を溶かした油絵用のパンドルに蜜蝋を溶かしてみている。

数日間窓際において、太陽の光に当てながら地道に溶かすと使えるものができるかな?
プロポリスと蜜蝋ではずいぶん違う気もするので、何ともいえないが・・(^^;)

蜜蝋の欠点は透明感が0であることだ。このまましばらく窓際において、透明感が出てくるかどうか試してみよう。

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/12/24 01:16 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ