FC2ブログ
セロ弾きのゴーシュ
図書館にCDとDVDを返しに行ったついでに、宮沢賢治の原作で、高畑勲監督のアニメを借りてきた。
セロ弾きのゴーシュ [DVD]セロ弾きのゴーシュ [DVD]
(2006/07/07)
佐々木秀樹雨森雅司

商品詳細を見る


実は不勉強で、原作を読んだことがないのであるが(^^;)、こんなお話だったのですね~
(ちなみに原作が青空文庫に収録されていた。)

現代の若者像と重なるというゴーシュ君、不器用なところが、い~ぐるにも通じるものがあるかも?動物達の本当の意図は良く分らなかったのだけれど、原作を読むともう少し分るのかな?
図書館のDVDは、傷があるようで、ネズミのお母さんが出たあたりが画像が乱れてしまう(残念)。

アンドロメダの雲は、魚のお口の形・・・


このフレーズだけやたらと耳に残ってしまう(^^;)。

ついでに、本も一冊。
モーツァルトはどう弾いたか―インターネットで曲が聴ける (丸善ブックス)モーツァルトはどう弾いたか―インターネットで曲が聴ける (丸善ブックス)
(2000/07)
久元 祐子

商品詳細を見る


モーツァルトの楽譜からバイオリンソナタを弾いてみようと思い、ピアノ部分を入力してみる。曲は、バイオリンソナタ第28番ホ短調 k304だ。この曲、グリュミオーのものが有名だという。

モーツァルト : ヴァイオリン・ソナタ 第34番 変ロ長調 K.378モーツァルト : ヴァイオリン・ソナタ 第34番 変ロ長調 K.378
(2000/04/26)
グリュミオー(アルテュール) ハスキル(クララ)

商品詳細を見る



グリュミオーの音を再現できれば、この上ない幸せなのだが、当然現実はそうはいかないのだ。

バイオリンソナタであるからには、ピアノパートとの掛け合いが肝であり、伴奏なしでは意味がない。そこで、例によって、電子ピアノを使ってMIDIの入力をしてみる。

しかし・・・バイオリンソナタは、ピアノパートが難しい(--;)。もちろん、一度にリアルタイムで演奏なんてできるわけなく、1~2小節単位で、右手だけとか左手だけとか、重音は分解して入力しているのであるが、そうであっても時間がかかる。

ということで、1ページ途中で入力を挫折したので、演奏もそこまで(爆)。

モーツァルト:バイオリンソナタ K304
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2009/05/10 19:11 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<タイの民族楽器 | ホーム | 運弓の問題?>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/993-e8e04ddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |