FC2ブログ
色ニス一回目
ベースのニスはまだ完全には溶けていないが、どうやら溶けていないのは蜜蝋で、ワックス成分はきっと溶けないのだろうという解釈により、本日から色ニスの塗りを開始した。

まずは、桜色に近い発色が期待できる染料を探す。
手持ちにあるものの中で、
・ローズピンク(人工染料)
・紫根
・サンダラック
・茜
をベースニスに溶き、板の上に塗ってみる。

染料確認


左から3番目から、ローズピンク・紫根・サンダラック・茜の順である。サンダラックと茜は明らかに桜色にはなりそうもないので、除外し、ローズピンクと紫根の勝負である。
一見するとローズピンクの方が圧勝な気がするかもしれないが、良く見ると、ローズピンクは少し粉っぽく染料というよりも顔料に近い成分が垣間見え、透明感の深いニスに仕上げるのは難しそうである。

ということで、初期の色ニスは紫根をベースに作成することにした。

この色ニスをベースニスに混ぜて、一回板塗りをしてみよう。

cherry1回目春

kityニス1回目 表


何となく、いい感じの桜色になりそうな 春の予感~


ところで、関係のない話だが、ホームセンターの2×4コーナーにおいてある材木にSPF材というのがあった。
このSPFってのは何だ?と壁に貼ってある説明を読むと、要するにスプルース、パインなどの材木を総称してSPFと呼んでいるらしい。ということは、スプルースもある?

2×4の材木は格安価格であり、うまくすると表板の材料が格安で手に入るかも?とおいてある材木を物色してみる。

ところが、ほぼ全ての板が板目にカットされており、元々細い材をカットしたのか、フシもしっかり付いている上に、心材も入っているものが多いと、少なくともバイオリンには使いにくい材ばかりがならんでいた。

が、ものは考えようである。バイオリンにならなくても、エレキギターのボディなどにはちょうどいい感じではないだろうか?

長めの材をいくつかに切断してはぎ合わせれば、軽く音の出の良いボディが得られそうではないか?
テレキャスのボディだけをこうやって作り、ネックや電装品は完成品を買うというのも面白いかも・・・
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/04/16 22:07 】 | バイオリン製作(cherry) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<表板の音響特性計測システム開発中 | ホーム | レッスン 35回目>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/99-baef48b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |