FC2ブログ
駒の交換
以前、先生から「もう少し高めの弦高の方が弾きやすいかも」といわれて、多少高めにしていたeagleであるが、ハイポジションで他の弦の音が出やすく、やはり、標準弦高に戻すことにした。
元の駒は残してあったので、少し弦を緩めて、二つの駒を並行に置いたところで、今の駒を倒すように外すと、自動的に前の駒に弦が乗るので、位置調整と音程調整をして完了だ。

といっても、夜になって音は出せないので、軽くチューニングしただけだけれど、これで弾きやすくなる(はず)。

明日の朝練が楽しみ。
(明日は東京出張直出なので、朝は少し時間があるのだ 笑)

今日、職場に二冊の本が届いた。
F. J. Fetis: Notice of Anthony Stradivari - the Celebrated Violin Maker.F. J. Fetis: Notice of Anthony Stradivari - the Celebrated Violin Maker.
(2006/01)
Francois Joseph Fetis

商品詳細を見る
The Violin Maker: Finding a Centuries-old Tradition in a Brooklyn WorkshopThe Violin Maker: Finding a Centuries-old Tradition in a Brooklyn Workshop
(2007/04)
John Marchese

商品詳細を見る
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/03/13 23:15 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<駒交換後の試奏 | ホーム | 今日のeagleは昨日のeagleではない・・>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/764-350f603e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |