FC2ブログ
図書館にバイオリンの本
実は、早い時間にブログ記事を書いたのだが、保存し忘れたのか登録されていない(TT)

気を取り直して、でも、簡単に。

本棚にはバイオリンの本が増えてきた

DSCN1071.jpg


本というのは、ネットで買うのは結構冒険である。
買ってから後悔することも案外多いのだ。
だから、本屋で立ち読みしてから買うのが正統派なんだろうけれど、アマゾンなどの検索で買うのが便利で何度失敗しても学習できない(^^;)

検索といえば、職場や町の図書館も蔵書検索ができる。
昼休みに検索して、めぼしい本を見つけた。

ヴァイオリンの魅力と謎ヴァイオリンの魅力と謎
(1987/01)
佐々木 庸一

商品詳細を見る
増補改訂版『古楽器』よ、さらば!増補改訂版『古楽器』よ、さらば!
(2000/11/01)
鈴木 秀美

商品詳細を見る

と、すでに絶版だが、
ウィリアム・A・シルバーマン:失われたバイオリンの名器を求めて
である。
面白そうなので3冊とも借りてきた。

買うと書棚の場所もどんどんと増えてくるので、借りるというのは良い選択肢ですね~♪

明日の(というか、もう今日だが)東京出張に一冊持って電車内読書しよう。
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/02/23 01:36 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<Fry教授のストラディバリの謎への挑戦 | ホーム | 秀吉が聴いたバイオリン>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/748-acfd4f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |