FC2ブログ
秀吉が聴いたバイオリン
16世紀のキリシタン大名が派遣した少年使節団、彼らの話は歴史の教科書にも出ている。
実は、少年使節団はクレモナにも立ち寄っているということだ。さらに、秀吉にバイオリン属の楽器を持ち帰り面前で演奏したらしい。

タイトルの本を見つけたが、タイトルだけ見ると一見歴史の本のように思える。

ところが、この本、実は、少年使節団が持ち帰ったはずのアマティ世代のバイオリンを復元したという話を本にしているのだ。(後半は著者がクレモナでマエストロになるまでの自伝)

秀吉が聴いたヴァイオリン秀吉が聴いたヴァイオリン
(2006/01)
石井 高

商品詳細を見る


著者は、クレモナでバイオリン製作をされている石井高氏

氏の書いた記事がイタリアの観光案内に出ている。

タイトルを変えたらバイオリン製作に興味を持つ人がもっと買ったんじゃないかなぁ・・・

あ、でも、一般の人は買わなくなるかな? 副題に-- クレモナのニスの秘密 --なんてつければ一般受けは大丈夫かも?
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/02/20 20:15 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<図書館にバイオリンの本 | ホーム | 練習用ガイド音源作成>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/747-b1c2c0ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |