スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
バイオリンの音
先日購入した
l-mozart.jpgバイオリン奏法
(1998/12/10)
塚原 晢夫、レオポルド・モーツァルト 他

商品詳細を見る

は、作曲家のモーツァルトのお父さんが1756年に出版した本の翻訳だ。
1756年といえば、日本は江戸中期(って、関係ないか 笑)、イタリアでは、ストラディバリ没後20年くらいの時期だ。
この本の序文(といっても、14ページもあるんだけれど)には、弦楽器の話や音楽の小史などが収録されている。弦楽器の中でも(当たり前だが)バイオリンに力を入れて書かれている。
その中には製作者についての話もあり、目を惹いた節にはこんなことが書かれている。

「なぜバイオリンはそれぞれこうも異なっているのでしょうか?・・・中略・・・これは全く、一人の人と、他の人の仕事振りの差によります。彼らは、高さ、厚さ等々を全て目で決め、一定の原理を決して得ようとはしません。
・・・・
このようにして、学識のある博士諸公は、数学の力とバイオリン製作者の関心によって、音楽の問題にとってはかりしれない貴重な役割を演ずることができると信じます。」

これは、今出版された本ではなく、はるか250年前の本に書かれているのだ。
う~ん、と、この節を読んで考えてしまう・・・250年間の進歩ってなんだろうね。

で、その後に、

「さしあたって、勤勉なバイオリン奏者は、弦や駒や魂柱を変えることによって、できる限り自分のバイオリンを改良するため全力を尽くします。」

などと書かれているのだ。
い~ぐるは、レッスンに使うバイオリンは自作の3本を順番に回しているが、次のレッスンには一作目のeagleを持っていく予定だ。
eagleの音を過去録音したものを聞いていて、もう少し、きらびやかな感じの音のほうが好ましいかも?とふと思ってしまった。

アンダルシア君と違って、まがりなりにも塗装済みのeagleであるから、板厚を変更することはできない。できるのは、駒や魂柱の調整だ。(弦は250年前と異なり、品質ばらつきは大幅に少ないので、まだまだ大丈夫)

きらびやかな感じということで、駒を少し薄くするか、魂柱を少し駒よりにすればいいと思うが、とりあえずすぐにできる魂柱調整から試してみた。

音色は大体狙ったあたりにセッティングされてきたような気がする。

2月12日のeagleの音

例によって、周波数分析もしてみる。
eagle-20080212.png


こちらも、大体思ったような分布になっていて、セッティングは大体成功か?

比較のため、約1年前のeagleの様子は・・
eagle-20070318.png


弾き込み加速後 3月18日のeagle

大体の傾向は似ている(魂柱を1mmほど近づけただけだしね~)が、弾いていると明らかに違いを感じるのだ。(あまり深くは追求しないでおこう 爆)

朝、少し時間を取って、もう少し曲を弾いてみる。

スポンサーサイト

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/02/12 23:37 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<美しい音・・ | ホーム | 据え置型音楽プレーヤー?>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/740-b4233b60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。