FC2ブログ
再々・・再調整
昨日の方向性を確認するために、板厚の再調整をする。
どこをどう調整するかが問題なのだが、クラドニパターンのモード5の周波数が比較的参考になるので、こいつの振動の腹の部分を狙って板厚を薄くする。

FFTの解析結果は、上が今日、下が昨日だ。

andal-20080206.png

andal-20080205.png


不思議なことに、基本音のレベルは上がらなかった(^^;)
ただ、5倍音の落ち込みが回復し、6倍音が落ちているので、ダ・ビンチに少し近いか?(←楽観主義者)



さて、結果は・・・
クラドニパターンの腹の部分といっても、外側から削れる部分は限られているので、微妙な調整は難しい。

ちゃんと評価するには、トーンジェネレータの正弦波振動出力を駒に与えて、振動モードを調べ、各振動成分ごとに削る部分を特定していくのが良さそうなんだけれど・・
自宅でそこまでやるのは大掛かり過ぎるデスね。

今日、会議で東京に出たが、少し時間があったので、丸善によって本を眺めていた。
ふと気になったのが、
バイオリン奏法バイオリン奏法
(1998/12/10)
塚原 晢夫、レオポルド・モーツァルト 他

商品詳細を見る

である。いわずと知れた、モーツァルトのお父さんが書いた、(おそらく)世界初のバイオリン奏法教本である。最初の方だけチラッと見ていたが、かなり面白そうなことが書いてある。(教本というより、思想本だね)

バイオリンの教本を持っていない私は、この一冊くらい持っていてもいいかも?

ちょっと、検索したら、 この本に関して、こんなブログ記事が見つかった。やはり、買っておくべきか・・
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/02/06 23:58 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<クラドニ? | ホーム | ガラスのバイオリン>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/734-1cc0806a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |