FC2ブログ
伯父さんのバイオリン
い~ぐるの母は7人兄弟の末っ子である。母は一番上の従姉とは年も近いこともあって仲がよく、従姉はよく我が家に遊びに来る。

昨日も、従姉が来ていて話をしている中で、従姉の父(い~ぐるからは伯父さん)がバイオリンを弾いていたという話が出た。伯父さんは早くに亡くなったし、寡黙な人だったので、い~ぐるは話をした記憶がない。

実は、い~ぐるは父方にも母方にも音楽関係に興味を持つ人はいないと思っていたので、ちょっと意外だった。

だが、記憶をたどると、い~ぐるが小学生くらいの頃、母が実家(要するに伯父さんの家)から、SP板のレコード(ベートーベンだのモーツァルトだのと書いてあった)をもらってきて、押入れに入れてあった覚えがある。SP板は本のように綴じられて、ずいぶん数が多かった。最近、あらえびすのSP板復刻のCDセット
あらえびす SP名曲決定盤 第I集あらえびす SP名曲決定盤 第I集
(2007/09/05)
オムニバス

商品詳細を見る

を買って、その解説を読むとSP板は1枚で5~6分しか演奏時間がないらしい。そうすると、い~ぐるがみた交響曲などはかなりの枚数のセットになっていたに違いない。


い~ぐるはそのSP板のレコードを、

空飛ぶ円盤~~

などと、外で投げて遊んだのだった。実に無邪気な子供であった。
(その後、大目玉を食らったのは言うまでもないが・・)

それ以外にも、母の実家には、そのころから、立派なステレオ装置があったり、やはり、音楽関係に興味を持つ家だったのだと、改めて思ったのだった。
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2008/01/02 17:49 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ノートパソコン不調 | ホーム | 謹賀新年>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/709-0ea3134f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |