FC2ブログ
エレキバイオリンで弾く
このころの練習はエレキバイオリンroseを使っていたのであった。
前の記事のボッチェリーニのメヌエットの録音は自作生バイオリンeagleで録音してしまったが、やはり当時の音を再現(大げさ)するには、roseでないとまずいだろうということで、roseで録音しなおしてみた。

エレキバイオリンはシールドケーブルで録音機材と接続するのだが、共鳴する胴がないため、そのままだとキンキンした耳障りな音になる。(キンキンしていなくてもお前の演奏は耳障りだという意見は却下する)
そこで、録音はアコースティックギター用のエフェクト(Mellow)をかけて、生バイオリンに近い音に調整してある。


それでは、再度、本物の勇者だけがこのリンクをクリックして欲しい。

スポンサーサイト



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/02/11 14:56 】 | 機材 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<録音に使ったディジタルMTRと譜面台 | ホーム | ボッチェリーニのメヌエット>>
コメント
もりぷとんのブログに頂いたコメントに、エレクトリック・バイオリンが重いという記述がありましたので、見せて頂きました。

このバイオリン、もりぷとんも実は持ってましたが、あまりの「重さ」(バランスの問題+実重量?)に、部品だけ残して捨ててしまいました。

あまりお金もかけられないと思いますが、サイレント以上でないと、ちょっとまともには弾けないように思います。少なくとも、もりぷとんの腕では、弾きなせない楽器でした。
【2006/03/07 20:23】 | URL | もりぷとん(Moripton) #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
バイオリンはやはり重量バランスが大切ですよね。

ローズウッドのソリッドというのが、嬉しくて通販で買ったのですが、テレキャスだってローズウッドは滅茶苦茶重いのだから、顎で支えるバイオリンの奏法を考えれば・・・

もりぷとんさんの「重い」をテーマとしたブログも拝見しましたが、実用可能な範囲はやっぱりありそうです。

ただ、ブログで紹介されていたような、3点支持のような仕組みをとれば、重さは問題ではなくなるので、肩当ではなく、バイオリンサポータを開発するってのも面白いかもしれません。

私の場合には、当初これだけではじめた時には滅茶苦茶苦労しましたが、最近になって短期間の練習には何とか我慢できそうな感じなので、夜中に練習が必要な時に引っ張り出してくるような使い方で活用しようと思っています。

コメントありがとうございました。
【2006/03/07 20:53】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/7-718b4836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |