FC2ブログ
ニスの下準備
Sacconiの本に出ていた、ストラディバリが使ったというケイ酸塩であるが、普通に買うと、薬局で注文となり、500gのビンが1000円以上する。どう考えても、自分が500gもケイ酸塩を必要とするとは思えないし(^^;)、もう少し安価に入手できる方法はないかなぁと、考えていた。

ケイ酸塩(ケイ酸ナトリウム)は、シリカと水酸化ナトリウムもしくは炭酸ナトリウムを融解して作るのだ。

原料となるシリカは、ダイソーでもシリカゲルとして入手できるし、炭酸ナトリウムも炭酸ソーダもしくは重曹でいいだろう(どちらもダイソーにある)。

けれど、融解するにはルツボか何かで相当がんばらないといけないので、ご家庭向きではない。

そこで、アルカリ溶液にはもしかしたらシリカゲルは多少は溶けるかも?と、例によって思いつき実験(笑)

まず、ダイソーのシリカゲルから、コバルトで着色されたものを取り除く。

DSCN1006.jpg


これに重曹を混ぜて水に溶かす。

DSCN1007.jpg


といっても、見た目、全然溶けた気がしない(爆)

水が少し粘性を帯びているような気がするので、多少は溶けたのかな?

ところで、ホウ砂やシリカの木材への影響は、特許公報にも出ている。

ここで、注目すべきは・・

その上、コロイダルシリカやケイ酸モノマーを用いるこれらの方法では、木材組織中に析出したケイ酸塩などにより、処理された木材の硬度が普通の木材に比べて著しく大きくなるため、超硬金属製の刃物を使用しても、木材の切削時に刃物が摩耗あるいは損傷し易いという新たな問題が生じる。

という記述である。


・・・やはり、いつ溶けるか分からないシリカゲルと格闘するよりも、ケイ酸ナトリウムを素直に買ってしまったほうがいいか・・・(労働時間を時給換算したら、絶対その方がお徳なのだ 笑)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/12/05 21:36 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<レッスン76回目 | ホーム | 夜間練習>>
コメント
…何やってんですか…。
まさか、そこまで自作とは…(笑)

ちなみに私のこの冬の工作は、25年ぶりくらいのプラモ作りです♪
…エアブラシ面白れぇ~。衝動買いした価値はありました(爆)
【2007/12/06 13:55】 | URL | せばすちゃん #-[ 編集] | page top↑
おぉ! エアーブラシ、入手されたんですね。
これは、やはり、バイオリンをサンバースト塗装せよという天のお告げでは? (笑)

何であれ、原理的に安く出来るものに高い値段がついているのには、逆らってみたくなるのは、持って生まれた貧乏性のおかげです(爆)

ただ、シリカゲルを溶かすには、重曹(PH=8)だとアルカリ度が足りないみたいです。苛性ソーダはダイソーには売っていないので、次は、炭酸ソーダ(PH=11)でチャレンジ予定♪

でも、こんな難しいことしなくても、ストラディバリの時代には、灰を水に溶かしてろ過しただけのものを使ったと思うんですよね~
【2007/12/06 23:06】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
興味深い記事ですね。今後の動向は要注目です笑

木材の硬度を上げるとなると、いっそのことスプルースから離れて
もっと硬度の高い材で板厚を薄い設定にしたらどうなるんでしょう?
それとも弦楽器の音にはやっぱりスプルースでないとダメなのかな?
材の硬度が高いと割れに対する許容力が劣る気もしますが・・・

将来色々実験してみようかしらん?笑
【2007/12/06 23:36】 | URL | むら5678 #coo0QYPI[ 編集] | page top↑
硬いだけではだめで、軽さと、音響速度の速さがスプルースの特性なんですよ。硬くした分、薄くして軽くしないと意味がないのです。これは、白木の状態で削りすぎたバイオリンにはちょうど良いかも?(笑)
【2007/12/07 07:26】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/691-36e6170d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |