FC2ブログ
深遠なる(ってのは、大抵ろくでもない)実験
バイオリンのニスの調色であるが、ベースのラックにシードラックや赤ラックを使うと、ターメリックや玉ねぎ・茜などの淡い色はラックの赤に隠れてしまう。
そこで、ラックの赤を脱色することを考えているが、100円ショップで売っている椰子ガラ活性炭を使って脱色が出来ないものかと、実験することにしよう。実験のためのガラス瓶が必要なのだが、一向に色が出ない栴檀をあきらめ、この瓶を使うことにする。

買ってきたのは、椰子ガラ活性炭の炊飯用のパックである。

かまど炊きパック


このパックの中身を、袋から取り出し、瓶に開ける。

活性炭


この瓶に赤ラックニスを入れて、脱色が出来るか試してみるのである。

さて、どうなりますことやら・・・

ちなみに、シードラックからシェラックを作るときにも活性炭で脱色すると、どこかのページで読んだ気がするので、手法自体は正統なものではないかと思うが、温度条件とか、活性炭の量とか全くあるがままなので、結果は予測不能である ^^;

活性炭に赤ラックを注ぐと、なぜか出てくる大量の泡たち

赤ラック活性炭


スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/03/24 01:00 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<千住真理子トークセミナー | ホーム | 玉川大学・玉川学園 吹奏楽演奏会>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/68-683eb3fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |