FC2ブログ
クルカ コンサート @ 二宮 ラディアン
町の文化施設であるラディアンで、ポーランドのバイオリニスト
コンスタンティ・アンジェイ・クルカのコンサートがあり、行ってきた。
ピアノ伴奏は平澤真希だ。彼女のブログによると、2日には公開レッスンもあったらしい。残念ながら平日なので受講できなかった(もっとも、受講料3万なんてレッスンを私が受けるはずがないが・・ 笑)

クルカ氏、実はラディアンのポスターを見るまでは全く知らなかった(^^;)が、色々な国際コンクールなどの審査員をやっている人らしい。

ちょっと気になったのは、クルカ氏の今回の来日、他のコンサートは千円以下なのに、二宮だけ4千円と飛びぬけて高いことだ。(曲目はあまり変わらないと思うのだが・・)

それはともかく、本日のプログラムを見ると、「曲目変更」である。

フランク バイオリンソナタの予定が、シマノフスキに変更。

一部:
・シマノフスキ バイオリンソナタ
・貴志康一 「月」「竹取物語」

二部:
・ヴィエニアフスキ 華麗なるポロネーズ第1番 ニ長調 作品4
・同 伝説曲 作品17
・同 スケルツォとタランテラ ト短調 作品16
シマノフスキ 「アレトゥーザの泉」作品30の1
リピンスキ 『クラクフ人と山人』のテーマによる幻想曲

アンコール:
・ヴィエニアフスキ 2曲

アンコール曲目、クルカ氏が口頭で言ったのはヴィエニアフスキしか聞き取れず、あとで受付に張り出された曲目をチェックしてきたのだが、パンフレットを車の中に忘れてきた(^^;)

ヴィエニアフスキの各曲は明るくて聴き応えのあるいい曲がそろっていた(し、どれも聞いたことがある曲だ)。それに引き換え、前半は心地よくて思わず意識が・・。

クルカ氏、最後の最後に多少笑顔を見せたが、演奏中は終始にこりともしない。審査員なんてやっていると、難しい顔が刻み込まれちゃうのだろうか(笑)

予定では18時から20時だったのが、17時半には終了。
あれもう終わり?というほどあっという間の時間であった。

比較的前の方の席だったので、演奏はばっちり見えたが、あまりにも華麗なテクニックは、参考にするにはレベルが違いすぎる(爆)

コンサト、やはり生で演奏を見られるのはすばらしいデスね。
ラディアンコンサト、近くて行きやすい(←私だけ?)ので、どんどんやって欲しいものだ。
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/11/04 04:22 】 | コンサート | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<オリジナル曲 | ホーム | 練習用MIDIファイル(後半)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/662-dbbce9a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |