FC2ブログ
ホワイトバイオリンのセットアップ
普通のバイオリン製作のプロセスだと、ホワイトバイオリンが出来上がったらすぐにニスを塗ることになるが、一歩ずつ確認しながら製作(改造?)を行う予定のkityでは、ここまでの状態を音で確認しようと思う。
音で確認するためには、何はともあれ弾ける状態に持っていなくてはならず、第一弾として外していた指板を取り付ける。

ネック接着


表板の4倍希釈のニカワも何とかくっついているようなので、スプールクランプを外し、次は苦手の魂柱立てである。

魂柱挿入


何度やっても、この作業は苦手である。ストラディバリには、ぜひとも魂柱に変わる別の手段で音の向上を研究してもらいたかったものだ^^;

何度目かに奇跡的に魂柱が立つ。

魂柱エンドピンから

魂柱fホールから


すごい!今回はさいさきよいぞと喜んだのもつかの間、
魂柱の位置を動かそうとしたらあえなく倒れたのであった(涙)

そういっても、何十回かすると、いつかは魂柱もたつものだ。
魂柱取り出しの練習だと思えば、あまり悲観的になる必要はない。(んな、あほな・・)

それでは、恒例の特性グラフと、音の比較をしてみよう。

なんだかんだで、ようやく魂柱も立ち、弦を張ってセットアップする。

kity



次は、音だしである(弦を張って、チューニングするのも苦労したのであるが・・いつものことなので、・・・)

板厚調整前と調整後の音の周波数分析を比べてみよう。

まずは、調整前のkityのグラフである。
kity周波数解析


前に書いたように、kityの特徴は基本音の小ささと、3KHzくらいから急激にレベルが落ちるところにある。
調整後のkityがどうなったかというと、

kity-fft



基本音はずっと大きくなり、2~3KHzにピークを持ってなだらかに落ちるバイオリンらしい特性になっている。

聞いた音も詰まった感じがなくなりバイオリンらしくなっている。

それでは、恒例の録音比較である。

これは3/11版のkityのスケール


これは3/21版のkityのスケール

3/11版でも駒を削った効果でかなり抜けの良い感じは出ていたが、板厚を調整して、よりバイオリンらしい音になったのが分かる。

ここまでは、重いroseの弓を使っているのだが、kity付属の弓でも試してみた。
まずは、FFTのグラフを見てみよう。

kity弓でのFFT


特筆すべきは、3倍音である。eagle/kity改ともに3倍音が多少大きめに出ている特長があったが、kity付属の弓に変えたら、これが小さくなっている!

ということは、メタリックな音というのは、弓の音だったのか?

さて、スケール音であるが、

このようになっている


とりあえず、ここまでのkity改良は順調に進んでいると言ってもいいだろう。
(些細な失敗は多々あったが・・)

色を塗るとまた特性が変わる可能性があり、これも楽しみである。

と、色々とやってきたが、ふと気がつくと

振り出しに戻っただけ

\
だ。^^;
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/03/21 19:25 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<ニスのレシピ修正 | ホーム | ラベンダーの香り・・・>>
コメント
すごい作業ペースの速さですね~。
びっくりデス。
10日間の間に、表板をはがして、厚みを調整して、再び閉じて音を出すなんて、、、本職のようです。
私はこの10日間、ほとんど死んでたので、それぞれにコメントを残せず、残念に思っています。
それはともかく、厚さを調整した効果が良く分かりますね。
前回の音は、明るい音色ながら、少し腰高で、板が振動しきれていない印象でしたが、今回の音は、なめらかにボディが振動して、ふくよかな音色に感じられます。
パソコンのスピーカーでも良く分かる違いなので、実際に演奏するとかなりの変化かと想像しています。
弓での違いも面白いですね。
でも、弓毛のコンディションや、松脂の量によっても違ってくるので、一概に弓の性能とは結び付けられないと思いますが、重さの違いは影響していると思われます。
いずれにしても、この一連の研究成果は、非常に貴重だと思います。
この先のニス編が楽しみです。
【2006/03/22 00:24】 | URL | 菊田 #DiB9ro52[ 編集] | page top↑
ただ早いだけで、全然ほめられたもんではありません^^;

菊田さんは、お忙しそうですね。仕事で忙しいのは悪いことではないので、体に気をつけてがんばってください。

私は興味があるとつい集中してしまうたちなのですが、昨日は春分の日でお休みだったし、この一週間毎晩のように夜3時ごろまで作業していたので、このペースは自分でも珍しいです。(じつはそろそろ限界です。何度かあった東京出張の往復は電車の中でほとんど寝てました)

ニス編は乾かすのに時間がかかるのと、しばらくは出張続きなのでこの後は必然的にゆっくりになりますね 笑
菊田さんのまねをしてエンドピンでバイオリンを立てる台を作ろうと思います。

ボール盤も入手したので、そろそろマンドリンも計画を立てたいと思いつつ、まずは製作本を読まなくては・・
【2006/03/22 07:32】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/65-c6f8f931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |