FC2ブログ
ペグ・ペグボックス・ペグ穴
引き続き寄せ書き君の修正作業中。
埋め木したペグ穴の余分な木をノミとナイフできれいにする。
DSCN0590.jpg

ペグ穴の場所を決めるため、テンプレートと突合せる。

DSCN0591.jpg


マーキングしてドリルでペグ穴を開ける。
当初のペグ穴よりも、下の方に穴を開けるところが一箇所あり、そこは、ペグボックスの底もさらって弦を通す余裕を出す。
DSCN0592.jpg


この作業中、ペグボックスやスクロールの周りのニスがかなり傷ついてしまった。いずれにせよ、埋め木の部分にニスを塗るので、補修はその時に合わせてやろう。

ペグリーマを使ってペグに合わせて穴を拡大。ペグをセットしてみる。

DSCN0593.jpg


えっ? E線のペグ、斜めっている・・(^^;)

もともとの寄せ書き君のペグ穴も斜めで、今回それを全部修正できると思ったのだが、整形済みのヘッドに垂直にドリルを降ろすのはやはり難しい。

傷ついたところや、埋め木のニスの補修と、仕上げのクリアニスが残っているが、かなり完成に近づいてきた(気がする)

完成に近づいたといっても、プロの仕上がりを期待されると・・・です(^^;)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/08/19 00:02 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<文化の日 | ホーム | ペグホールの修正>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/615-ad48974e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |