FC2ブログ
グァルネリ カノンの内型
バイオリン製作本には、ストラド型のパターンがついてくることが多いけれど、グァルネリ型はあまり見かけない。全然ないかというと、そうでもなく、たとえば、
Violin-Making, As It Was and Is: Being a Historical, Theoretical, and Practical Treatise on the Scienc and Art of Violin-Making, for the Use of Violin Makers and Players, Amateur and Violin-Making, As It Was and Is: Being a Historical, Theoretical, and Practical Treatise on the Scienc and Art of Violin-Making, for the Use of Violin Makers and Players, Amateur and
Edward Heron-Allen (2005/08/22)
Dover Pubns

この商品の詳細を見る

などには、グァルネリ型のパターンが折り込まれている。

だが、グァルネリといえば、パガニーニのカノン砲と、バイオリン製作にとっては、ジェノバ市に保管されているカノン砲は垂涎の的である。

何度もこのブログで紹介しているが、カノン砲の詳細データは、アッカルドのCDのオマケのポスターに掲載されている。



Salvatore Accardo plays Paganini's Guarneri del Gesù 1742 / Arthur Benjamin、 他


まだ、実作業は先の話だが、モールドのパターンだけでも作っておこう。

まずは、ポスターの図から、外形をトレーシングペーパーに写し取る。
DSCN0422.jpg


一応、写真とあっているかを表のポスターで確認。
DSCN0423.jpg


昔、菊田さんが言っていたけれど、グァルネリのカノン砲、左右非対称である。そこで、内型の基準はどちらか選んで作成する必要があるだろう。とりあえず、センターラインを引いて考える。

DSCN0424.jpg


裏返してあわせてみたりして、どうやら、右側は弓が当たったりするせいか、多少削れているような気がしたので、左側から型を取ることにする。

モールドは、外形から4mmほど内側に相当するので、外形線からコンパスで4mm内側に線を描く。

DSCN0425.jpg


一応、これで、モールドのパターンの基礎は完了。後は、ブロックの部分の作りこみと、クランプ用の穴の位置を決定すれば、モールド作成の準備は完了(のはず)

今朝の朝練の終了後、アイリッシュも練習する。このところ、高速Reelはマンドリンでしか演奏していないが、フィドルでも演奏できるようにしておきたいものだ。
ということで、


Mountain Road with アンダルシア君

このスピードは い~ぐる的には、ほぼ限界だ。マンドリンだともう少しいける。と思ったが、立ったままストラップもなしで弾くと案外難しい・・(^^;)

Mountain Road with manta
スポンサーサイト

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/05/31 22:43 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<バイオリンの左手 | ホーム | 目が覚めるような赤>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/560-9b8ecd75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |