FC2ブログ
水道管フルート量産(?)
木曜のセッションに向けて、もう一本D管フルートを製作。
DSCN0377.jpg

歌口が朱色のものは、先日作ったものに漆を塗ったのだ。漆は、粘度が高いので、歌口の壁面を滑らかな面にしてくれる効果が期待でき、音が出しやすくなる(気がする)

もう一本のものは先日の設計通り今日作ったものだ。

量産時の再現性の確認をかねているのだが、やはり吹き方一つで音は半音くらい平気で変わるので、何を基準にしたらよいやら分からない・・(^^;)

歌口に唇を被せるように吹くと音程は全体に低く(C#のキーに)なり、少し離れた感じで吹くと高くなる。半音程度変わるので、普段は離して吹いておいて、♭がきたときに被せるというのもありかも?

寄せ書き君の近況報告

色の具合はなんとなくよさそうなのだが、滑らかな光沢が出てこない・・・なんでだろ?
色ニスの上からクリアニスを塗ることで光沢は出せるけれど、下地から光沢がきれいに出ていないと、仕上げがいまいちになりそうなのだ。
(もっとも、寄せ書き君の場合、木の加工がもともと雑なところがあるので、仕上げといっても、限界はあるのだが・・)

DSCN0378.jpgDSCN0379.jpg

DSCN0380.jpg



色ニスの配合を変えて、ニスの具合を見る必要がありそう。
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/05/22 23:42 】 | アイリッシュフルート | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<ある夜のこと | ホーム | 緊急告知:ゆっくりセッション特別版>>
コメント
い~ぐるさんこんばんは。
寄せ書きクン、進化を遂げていますね!
光沢は写真ではよくわからないですが、
色的には結構よいのではないでしょうか。
ワタシとしては、

弾いてる最中に首と服が真っ青になる

みたいな、大胆かつ斬新なパフォーマンスさえなければ
全くOKです。あとはい~ぐるさんのこだわりにお任せです。

ところで、ある夜届いたフィドル君はもしや
穴開き君になるのでしょうか?
【2007/05/24 00:21】 | URL | K #-[ 編集] | page top↑
Kさん、こんにちは。

>弾いてる最中に首と服が真っ青になる

ぉお、すばらしいアイデア、ありがとうございます。それでは、楽器が青いのに、弾いている最中に首と服が赤くなるというようなあっと驚く方法がないか考えて見ますね~♪

昨日、色ニスは配合を変えました。色ニスの塗りはそろそろ打ち止めで、後は、油研ぎで研磨しながらクリアニスを塗っていきます。

ある夜のバヨリン、いくら安物とは言え、穴を開けるにはしのびないと、買うたびに思うのですよね~(笑)

実家常備で帰ったときに使う用に(年1回くらいなのに・・)するか、品川の職場常備でセッション持込用にするか、先生宅においてレッスンをフリーハンドで行くかなどなど、色々使い先はあるので、使い道はそのうち考えるとして、しばらくは調整練習で遊んでいます。
【2007/05/24 08:31】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/552-693ae2ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |