FC2ブログ
スペクトラムアナライザー
アイリッシュフルートやバイオリンの周波数特性分析には、スペクトラムアナライザーが便利だ。
もちろん、専用の測定器など高すぎて買えるわけがないので、パソコンのソフトとサウンドボードで同じ機能を実現するのだ。
無料のソフトで著名なのが、
WaveSpectra for Windows
であり、昨日の分析にも利用した。

今まで周波数分析には音響録音ソフトのオマケFFTを使っていたが、このソフト、FFTのオマケに音響録音がついている(笑)

寄せ書き君 近況

DSCN0376.jpg


先日の写真より、もう少し実際の色に近い写真が撮れたかな?
スポンサーサイト

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/05/18 00:30 】 | 機材 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<菊田さんの楽器を使ったコンサート@宮地楽器 | ホーム | アイリッシュフルートの設計 その2>>
コメント
おお!なんだか思っていた感じの色になってきたじゃありませんか!
これなら寄せ書きも読めそうですね。
ありがとうございます。

ところで、功刀さんのオフィシャルサイトに
マットでない感じの緑フィドルが。
CDジャケットのところにも写真がありました。
http://hats.jp/kunugi.htm
【2007/05/18 15:42】 | URL | K #-[ 編集] | page top↑
Kさん、こんにちは。

もともとの木の色に対して、補色系の透明ニスを塗っていくのは、考えていたよりも50倍は難しいデス(←数字に根拠はありませんが 笑)

表と裏は、寄せ書き保護のため、取れる手段に限りがあったのですが、それ以外の横板やスクロールのぬりむらも、かなり無残です。が、多少の修正では直りそうもないので、完成時には、そういった部分は見なかったことにしてください(^^;)
【2007/05/19 01:25】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/548-b9d15dc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |