FC2ブログ
晴れた日の い~ぐるは、とことん・・
い~ぐるの乗る車、キャバリエ号は、昨年の車検の時に、ブレーキランプが切れていたということで交換したのだが、その後、1週間もたたないうちにブレーキランプは点灯しなくなっていた。

片側のことだし、ハイマウントランプもあるので、まあいいやとほったらかしにしていたが、親切なバイクのおじさんに、わざわざ「ブレーキランプ切れていますよ」などと教えてもらったりすることもあったので、休日を使ってバルブの交換をしようと思い立つ。
まずは、バルブの型番を調べようと、ネットを検索したが、よく分からない。アメ車のサイトに輸入車用のバルブもしているところを見つけたが、それとて、パーツ番号を知らないと買えないのだ。


車のテールランプを取り外し、ブレーキランプバルブを取り出そうとしたら・・・ボックスレンチが必要ではないか・・

ウインカーバルブは工具なしで交換できるようになっているのに、何でブレーキランプバルブははずさないと交換できないの?などと、設計者のセンスのなさを嘆きながらも、「確か、ボックスレンチセットを買ってあったよなぁ・・」と部屋の中を探すことにする。

が、ボックスレンチのボックス部分は見つかるが、ラチェットタイプの回すハンドルが見つからない。

い~ぐるの家は、呪われているのではないかと思うほど、何かと探し物は見つからないのだ。30分ほど探し回り、もう止めようと思ったときに、ふと、洗濯機の横の洗剤を置く棚を見たら・・ハンドルがあるではないか・・(誰だこんなところにおいたのは ← 自分だろ!)

ということで、無事見つかったが、再度ネットで、バルブの情報を探すと、KOITOのサイトにキャバリエが出ている(!)

ふむふむ、4-02という型番のを買えばいいのだな。ホンダの車にも同じ型番のが使われているらしい。それなら、オートバックスなどにもあるだろう。

ということで、買出しに行くつもりになって、その前に再度チェックとして、ブレーキランプを分解してバルブを取り出す。

これ、どう見ても切れていそうな気がしない?

もしかして、接触不良か?ということで、何度か抜き差ししていると、ランプがつくようになった(^^;)

しかし、せっかく出かける気になったのと、予備のランプがあってもいいので、車を出す。(一番近いオートバックスへも15kmは離れているのだが・・)

オートバックスでは、無事、4-02のバルブは2個399円で見つかり、予備球としてグローブボックス常備とする。

オートバックスでは、LEDのバルブも売っていて、何度か手にとってどうしようかと悩んだが、2個399円の普通のバルブに対し、LEDバルブは2500円近くするので、断念。(そもそも、バルブが切れたのではなく、接触不良だったしね)

LED(発光ダイオード)などの光物はいいよねと、帰ってから、LEDバルブを検索してみると、

なんで男って LED みたいなヒカリモノとか金属光沢とかに弱いんだろう?

なんてサイトが見つかる(はひ、私、ヒカリモノ弱いあるね^^;)


午後からG管フルートのチューニングである。何とか音さえ出れば、チューナーを見ながら、管の長さと指穴の大きさを調整することができるのだ。

水道管フルートG管

しかし、これ、本当に酸欠になりそうだ・・私には向いていないと深く思うのであった(^^;)

フルートに見切りをつけて、バイオリンの練習である。いつもの練習の前に、バッハのConcerto #3 in Dminorを弾いてみるが、これ、何度録音しても、リズムや音のミス続出であり、安定しない。そもそも、メトロノームが合わせてくれないというだけでなく、先に録音した自分の音も今録音している音にあわせようとはしてくれないという、2重苦である。

そんなこんなで、かなりひどいままだが、現状の精一杯の録音を録ってみる。(って、課題曲でもないのに、弾けない曲を無理することはないだろう・・とわれながら・・)

J.S.Bach: Concerto #3 in D minor 20070505 with kity×2

これ、録音を聞くとひどい演奏なので、一発取りのように思うかもしれないが、何度も録音しなおして、気がついたら外は暗くなっていた(長い曲は、必ずどこかで間違えるのだ え~っと、この録音も多くのミスがあるけれど、いまの実力ではこれ以上ましなものは録音できそうにないので、あきらめたデス ^^;)
スポンサーサイト

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/05/05 20:35 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<GW最終日の熱狂 | ホーム | メトロノーム>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/535-54a4e396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |