FC2ブログ
例のバイオリンデュエットの本
日本のアマゾンで扱い再開です。
Violin Duet Classics Made Playable:クラシックの名曲全58曲をデュエットアレンジで Violin Duet Classics Made Playable:クラシックの名曲全58曲をデュエットアレンジで
Mary Ann Harbar (2003/11)
Mel Bay Pubns

この商品の詳細を見る


為替で日々変動するけれど、今日の値段は2558円デス。

昨日のレッスンに持っていって、先生に見せたら、「これ、いいですね~、初見で弾けそう」と先生も興味を持っていました。素人目によさげと思ってましたが、先生からもお墨付きをもらって、みんなにお勧めできますね♪

もう一つ、アマゾンのお勧めに出てきて、心動かされている本がある。

Mel Bay's Master Anthology of Mandolin Solos: Featuring Solos by the World's Finest Mandolinists! Mel Bay's Master Anthology of Mandolin Solos: Featuring Solos by the World's Finest Mandolinists!
Inc. Mel Bay Publications (2000/02)
Mel Bay Pubns
この商品の詳細を見る


だ。この本、264ページもの膨大な本と、2枚のCDでマンドリンソロを収録している。教本ではないが、おそらく、アドリブなどのパターンの参考としてよさそう・・

えっ?私は、あまりものを買ったりしないし、贅沢はしないので、このくらいは買ってもいいかと・・

ところで、買い物といえば、どうしてあんな店が成り立つのだろうと、いつも不思議に思うのが、洋服の・・という店だ。私がジャケットなどを買ったのは、この20年で2着程度なので、10年で1着である。6000万世帯の80%に男性がいたとして、4800万世帯が10年に1着購入するとしよう。年間480万着の市場規模である。1着あたり、1万の粗利があったとして、約500億円の市場なので、店舗平均5人の従業員だと考えても、日本中で500店舗である。市町村に1店舗も必要はないはずなのだ。ところが、どう考えても、それ以上の店舗数が乱立しているような気がしてならない。

世の中の人たちは、い~ぐるが思うよりも多くの買い物をしているのだろうか・・
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/25 07:28 】 | バイオリン練習 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<mantaのネック調整 | ホーム | レッスン61回目:ユーモレスク終了>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/524-fd8f8397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |