FC2ブログ
バイオリンを磨く
補修中のCherryだが、実は作業は毎日しているが、絵として全くといっていいほど変化がないので、ブログへの記録は久々である。

ニスの傷はほとんど消えたが、最後の上塗りニスの刷毛跡があちこちに残っているので、これを消しながら、バイオリンを磨いているのだ(何日磨いているか分からないほど続いている・・)
DSCN0323.jpg


バイオリンのニスは熱に弱いので、あまりごしごし磨くと傷になる。しかし、弱く磨いても刷毛跡なんて全く消えないので、少しトリックを使う。

磨くときに、薄いセーム皮のシートを使っているが、これで磨いていてニスが柔らかくなって表面がざらついてきたら、少しずつ磨く力を緩めて温度を下げ、ニスを硬化させるのだ。

要するにアニーリングのようなことをしているのだ。

これ、うまくいくと、かなりぴかぴかになるが、今回のように面積が大きいと、やたらと手間がかかってしまう。

電動ツールが使えないかと、過去何度も試してはニスを傷つけてきたので、今回は電動はなし

いつ、磨き終わることやら・・(^^;)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/04/06 23:34 】 | バイオリン製作(cherry) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ハダン | ホーム | アルミパイプ その後>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/503-43d5b10b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |