FC2ブログ
ニスの修復:2回目
昨日に続いて、cherryのニスの修復作業を行う。

600番の耐水ペーパーで油研ぎをし、昨夜塗ったニスのでこぼこをならす。

次に、色ニスを筆にわずかにつけ、点描のように少しずつニスを置いていく。

油研ぎの時に一部白木状態に削ってしまったようで、色ニスが木部に染み込んだけれど、よく見ないと分からないので(^^;)、よしとしよう。

DSCN0317.jpg


やはり、一回塗ったら乾燥させる必要があるため、再びバイオリンハンガーに吊るしておく。

今朝の、朝練習において、魂柱を調整した寄せ書き君の試奏をする。魂柱は、少し中心より、後ろよりに立っていたのを、駒足の端から2mm、後ろ4mmくらいの部分に移したのだ。これによって、箱鳴り状態は緩和され、しまりのある音になった(と思う ^^;)

魂柱移動後の寄せ書き君の音

気になっていたウルフは12音階の隙間に落ちていて、正しい音程で弾くと目立たないので、現段階ではOKだ。

例によって、いくつか曲も弾いてみる。寄せ書き君はアイリッシュフィドルになる予定なので、曲はアイリッシュから。

3月30日のバタフライ with 寄せ書き君

オキャロラン

寄せ書き君の試奏は明日昼間じっくりやろう・・
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/03/30 21:23 】 | バイオリン製作(cherry) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<エアモードとボディモード | ホーム | 寄せ書き君改造計画 その5:オオカミなんて怖くない?>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/493-4d0cff9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |