FC2ブログ
楽器の音色を探る
今日は、夜から東京で会議があり、23時半に帰宅したばかりである。(本当は、もう少し作業をしていけば、来週はでなくてよかったのだが、さっさと帰りたいので、来週のどこかで、出かける必要がある・・ 遊びで出るのは平気でも、仕事で出るのはやなものなのだ 爆)

今日の電車読書は、
楽器の音色を探る 中公新書 / 安藤 由典
である。この本、前から気になっていた
新版 楽器の音響学 新版 楽器の音響学
安藤 由典 (1996/02/01)
音楽之友社

この商品の詳細を見る

と同じ作者であるが、新書なだけあって、電車読書にはもってこいだ。
ただし、絶版であり、古本でしか入手できない。

読み始めると、第1章から数式がどんどん出てきて、い~ぐる的には分かりやすいが、一般的には絶版やむなしかも・・(笑)

内容は分かりやすく、特に著者が研究の中心としていた、フルートや笛の説明は秀逸である。吹き口の形状についての実験結果はきわめて説得力がある。一方、バイオリンの説明はハッチンスやロシアの研究を引用しているだけで、あまり新しい話は見つからなかった。

ところで、音色といえば、同じ楽器、同じ弓で録音しても、Kさんの音色や先生の音色は、なぜかい~ぐるの音色と大きく違う。

前々から不思議だが、い~ぐるの音色はなぜか、高音のノイズが多く、シャラシャラした感じの音になってしまうのだ。弓を強く弾いてみたり、色々と工夫はしているが、あの手のしっとり感が出ないのはなぜだろう・・
楽器は違うが、音色を意識しながらKさんと同じ曲を録音しているので、比較のため並べてみようか(←これは、自爆だろう・・^^;)
バタフライ by い~ぐる with cherry 20070327

バタフライ by k with たぶんkity 20070321



朝練の録音は、例によってビブラート練習であるが・・

3月28日のビブラート

そういや、G線のビブラートをもう少し練習を・・と
3月28日のビブラート(G線版)
を録音してみる。
この曲、最近のマイブームだが、全曲は当然ムリなので、さわりだけである(^^;)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/03/28 23:50 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<寄せ書き君改造計画 その5:オオカミなんて怖くない? | ホーム | 寄せ書き君改造計画 その4>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/491-b6e9db07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |