FC2ブログ
フィドルの本
職場の図書館から借りているフィドルの本
フィドルの本―あるいは縁の下のヴァイオリン弾き フィドルの本―あるいは縁の下のヴァイオリン弾き
茂木 健 (1998/10)
音楽之友社

この商品の詳細を見る

に、よくセッションで弾かれるリール曲として
セント・アント・リール
というのが楽譜つきで紹介されていた。
セント・アント?と、大森さんの楽譜にも、い~ぐるの持つ本にもないので、検索したけれど分からない。
むむ・・ セントとリールで探すと、
セント・アンナズ・リールというのはよくヒットする。

で、楽譜を探すと、同じ曲だった(笑)

ということで、朝練の時間にちょこっと弾いてみる。
楽器は、このところの定番のアンダルシア君である。


セント・アンズ・リール 20070226録音 アンダルシア


まだ、少し早いが、時間がかかるものもあるので、準備を始める。
染料

スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/02/26 23:09 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ゆっくりセッション | ホーム | 裏板アーチ修正>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/460-8ddeae04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |