FC2ブログ
裏板アーチ修正
アンダルシア君の裏板のニスをはがし、
裏板

アーチの修正を行う。

大まかな修正は、彫刻刀とヤスリで行ったが、微妙なアーチは、スクレーパーを使う。

スクレーパーは、OLFAの替え刃をグラインダーで削って作る。右が元の替え刃で、左が削って作ったスクレーパーである。
スクレーパー


替え刃をそのままスクレーパーとして使うと、角の部分で木に傷がつきやすく、微妙な細工には向かないのだ。角の丸さは、好みであるが、数種類が1枚のスクレーパーで使い分けられるように、角ごとに丸さを変えて作成した。

スクレーパーの形が出来たら、砥石で平面を出し、ドライバーの軸などで歯をつける。板を削ると、鉋屑のような削りカスが出る。
削り

裏板は、エッジを作るために周辺を彫りこんだので、アーチは、エッジに自然につながるように削る。目で見ても木の模様に惑わされるので、手で触ってカーブに違和感がないように調整するのだ。
アーチアーチ横


アンダルシア君、ダイエットの結果は、現状で442gである。削り始める前は、確か、467gであったので、25gのダイエットとなった。もちろん、ニスの重さもかなり入っているので、板のダイエットがどの程度かは不明。

この状態で、音を録音
2月25日のアンダルシア
比較のため、一連作業の最初の頃の音は下記
1月31日のアンダルシア

ついでに、曲も弾いてみよう。
アンダルシアでDonegal


顎当ても肩当もないアンダルシア君であるが、なれてくると案外平気である。

たとえば、私が習った曲の中でも、結構ポジションチェンジが多い曲として、

クライスラー:愛の悲しみ 20070225録音 アンダルシア

なんかでも、(い~ぐる的には)普通に弾ける。
ま、たまに、楽器が不安定になるときがあるので、顎当てはあった方が安心かもしれない(笑)

この後であるが、表のニスを剥がすには、弦や部品を外す必要がある。やはり、どこかで思い切らない限り先には進まない(笑)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/02/25 20:08 】 | バイオリン製作(アンダルシア) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<フィドルの本 | ホーム | レッスン57回目>>
コメント
これも貴重な映像ですね、、、、。
音も、抜けが良くなっているのが良くわかって、、、これはかなり貴重な研究成果だと思います。
表板がどうなっていくのか、、、、楽しみです。
【2007/02/27 16:27】 | URL | 菊田 #DiB9ro52[ 編集] | page top↑
菊田さん、ありがとうございます。
音量と音色のバランスがアーチの変更によって変わるのがセットアップ状態で変更していくと感じられるので、アマチュアならではの楽しい実験ですよね(笑)
表板を本格的にいじるにはセットアップ状態では出来ないので、これから先は、一通り完成するまでは音が出せないのが残念です。(なので、中々、先に進めませんデス)
【2007/02/28 01:44】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/459-645d4a11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |