FC2ブログ
MIDIシーケンサ・・その後
備忘録として、作業内容を書いておこう(実は、一度記事が完成間際までいったのだが、写真をアップロードしようとしたら、記事が消えた!ので、簡略化してやりなおし)

・Windows98にCAKEWALK DOS版をインストール
 (HP200LXに入っていたカードを抜き、USB経由でファイルを展開)
・PIFファイルの設定を行い立ち上げるも、画面表示されず
・ビープ音は出ていたので、おそらく、画面モードだと推定し、USモードに変更
・MIDI Portが見つからないメッセージ
・CAKEWALKの設定チェック→OK
・BIOS設定チェック→OK
・デバイスマネージャ確認→COMポートなし(!)
・COMポートのデバイスドライバインストール
・再起動
・CAKEWALK起動
CAKEWALK


起動してみると、マウスも使えるし、HP200LXと違ってカラーである。案外便利かも?と思っていたが、DOSプログラムをWindows98で動かす場合には、DOS窓がアクティブになっていないと、プログラムが止まることが判明
これじゃ、MIDIで伴奏しながら、録音なんてできないじゃん?

運用でカバーすべきか、しばし熟考

HP200LX本当にNGなのか、再度電源投入チェックする。カードが入っていないので、ROMのPIMが立ち上がる。
あれ?立ち上がる?

と、何度繰り返してもちゃんと立ち上がるのである。


これって、もしや、管理情報がおかしくなっていただけで、物の壊れではない?

ということで、結局、HP200LXには問題はなかったのだ。

だとすれば、MIDI伴奏中の録音も問題なくなるし・・一石二鳥である。


話は、しばし戻って、いつぞやの出張の懇親会でFさんは、娘に「私は結婚するならお父さんみたいな理系の人がいいな」と言われ、非常に喜んだが、「だって、便利だもの」という一言が続いたということだ(笑)

理系→便利

なのか?便利だから結婚するのか?
とかく世の中、難しい(笑)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/01/30 23:08 】 | 機材 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<駒足のフィッティング | ホーム | とりあえず、分解・・>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/427-2951c3a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |