FC2ブログ
MIDIシーケンサ
バイオリン練習のための、ガイド音源を出すために、MIDIシーケンサソフトCAKEWALKを使ってMIDIコントローラとして利用していたHP200LXであるが、前に最近調子が悪いと書いた。が、一度立ち上がったら、電源を切るまでは何とか動いてくれるので、今は電源を入れっぱなしにしている。(このパソコン、単三乾電池2本で20時間動作するので、ACアダプタにつないで動かしていても、電気代はあまり気にならない 笑)

しかし、この調子でいつまで持つのか分からないので、善後策を考える。

電子ピアノの近くには、音の収録のため、古いパソコンも置いてある。これがMIDIコントローラとなれば、代用には充分だろう。(DOSに比べて、かなり立ち上がりが遅いが・・)

このパソコン、Windows98を搭載しCPUにCerelon 566MHzを持つ、5年前の最新廉価版機種である。手持ちの最新MIDIシーケンサ SonarLEは動作しない(^^;)

ということで、普通のUSB-MIDIケーブル
UM-1EX USB MIDIインターフェース UM-1EX USB MIDIインターフェース
(2005/10/27)
ローランド
この商品の詳細を見る
を調達しても役に立たないのだ。

そんな時、ふと、HP200LXからMIDIをコントロールしているのは、シリアルポート経由で、MIDI音源 MU-15を介在して電子ピアノに接続していることを思い出す。

なぁんだ、それなら、HP200LXで使っているCAKEWALKのDOS版をPavilionに持って行けばいいじゃないか。と思いつく。WindowsXPのようなアタラシイOSだと、DOS版のソフトは利用制限があり動作が難しいが、Windows98はDOSとは互換性が高かったはずだ。

ということで、MU-15に接続するシリアルケーブルを探す。こんなケーブルは、秋葉原が近ければなんてことないが、秋葉原への往復だけで、3,000円の交通費と4時間の時間がかかる我が家では、早々気軽に買い物にはいけないのだ。

そこで、アマゾン・ドット・コムの出番がくる。何しろ、アマゾン、1500円を越える買い物には送料がかからないのである(笑)

MU-15に接続するにはPCからマックへのシリアルクロスケーブル相当品があればいいのだが、こんな特殊なケーブルはさすがに中々見つからない。と思ったら、

YAMAHA シリアルケーブル(DOS/Vロング) [CCJPC2L] YAMAHA シリアルケーブル(DOS/Vロング) [CCJPC2L]
(2005/09/16)
ヤマハ
この商品の詳細を見る


YAMAHAさんから、ちゃんと出ていた。
もちろん、ただのシリアルケーブルにしては、プレミア価格である(笑)が、秋葉原に行くことを考えたら安い(^^)

ということで、本日、シリアルケーブルが到着である。実験はまた後日・・

ところで、アマゾン、お勧めの書籍がトップページに出てくる。何気に見ていると・・

のだめカンタービレ #17 (17) / 二ノ宮 知子

あれ?17巻なんてもう出ているんだっけ?と思ったら、予約販売であった。

さすが、アマゾン、商売っ気たっぷりである(笑)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/01/30 02:48 】 | 機材 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<とりあえず、分解・・ | ホーム | 休みの日>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/425-5a5af90b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |