FC2ブログ
筋力養成駒セッティング
前にも書いたが、eagleの駒は、通常よりも少し(1~2mm)高めである。この状態で弾いていると、かなり指の筋肉が鍛えられていないとスムースには弾けない、筋力養成セッティングである。

ベルリン・フィルの1stバイオリン奏者の指の動きを見ていると、軽々と弦も弓も扱っているので、やはり、ここは、標準の弦高に変更しようと思い立つ。

そのそも、なんでeagleの弦高が高くなったかというと・・・大きな駒

先日の駒の作り直しにおいて、削りだすガイドを鉛筆で描いていたが、上の写真を見れば分かるように、ガイドまで削らずにセットアップをしていたのだ(^^;)

そこで、駒を外して、もう一度、削りだしてセッティングをやり直す。
削り

セッティング


今度は、ちゃんと弾けるようになった。
となれば、次は音のチェックである。

eagle-20070114

周波数特性で見てみると・・(左側が今日の分、右側は先日の測定結果である)

周波数特性eagle-20070112

スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/01/14 23:48 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<2007年のカレンダー | ホーム | ベルリン・フィル8重奏団>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/410-6c85f258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |