FC2ブログ
初出張
今日は東京で会議だった。

東京駅に着いたときに、20分ほど余裕があったので、大丸の地下に回り、中古カメラ屋をのぞく。

というのも、年末の友人達とのセッションで、ものの見事に露出失敗をした経験から、人に手渡す可能性のある場合には、オートフォーカス+自動露出が有効なレンズがあってもいいかもと思ったのだ。

が、もちろん、私は、そう易々と物を買うようなことはしないので、ただの下見である。

ふむふむ、28-80mm程度の標準AFズームなら4,000円を切る価格で出ているのか・・・

年も明けたことだし、自分へのお年玉というのも、たまにはいいかも?

と、一瞬、頭の片隅をよぎりながらも、今もっているフルマニュアルの標準ズームが35-70mmで、あまりにも範囲が被っているのは気に入らない。
・・・そもそも人にカメラを手渡して取ってもらう状況というのが、年に何回あるかと考えると、全くいらないともいえるかも・・

やはり、ここは、慎重に見送るべきだろう。


おみくじには、商売は「大きな損はない」と出ていたが、小さな損はあるという意味だよな、と、色々と考えるのだ(笑)

往復では、Violin Explainedの本を読みながら、MP3プレーヤーに入れたグリュミオーのバッハ無伴奏パルティータやクライスラー(自作自演)の曲を聴いていた。そうそう、こんな感じに弾きたいんだよ・・と、思うのだが、現実は厳しい。


The Violin Explained: Components, Mechanism, and Sound The Violin Explained: Components, Mechanism, and Sound
James Beament (2001/03/15)
Oxford Univ Pr (Sd)

この商品の詳細を見る
は、まだ最初の方だけで、帰りは中々座れなかったのと、座ったとたんに寝てしまったので、あまり読めていないが、読んだ範囲(~2章)では弦の発音原理を詳しく説明してくれていて、参考になる。
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2007/01/06 00:36 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<年賀状 | ホーム | 不ぞろいな弓毛たち>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/400-7d0d0d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |