FC2ブログ
魂柱調整@kity
先日のeagleの魂柱調整の結果に気をよくし、今日はkityの調整もしてみた。
kityの場合、マンドリンの高張力弦をE線に使っているので、高音は良く出ていたが、低音側のしまりがもう少し欲しかった。この傾向はeagleと同じであり、私は少し裏板を薄めにするので、魂柱がダンパーの役をしてちょうど位となるらしい。

今回の調整は、ちょっと、大げさな図だが、図示すると次のようになる。

魂柱調整


実は、魂柱を調整するといっても、元々立っていた場所は、狙ってそこにしたわけではなく、本当は、調整後の場所を狙っていたのだ。しかし、数十回魂柱を立てる努力をしていると、多少ずれていても「仕方ない」とあきらめの境地に達するのである。

試奏してみると、ねらっていた低音のしまりは、当然良くなったのだが、加えて、残響感が以前より強くなって、感じが良い。
あっ、でも、アイリッシュには残響強すぎるかも?

例によって、数曲録音を試みる。(もちろん、勇者限定だが、今週は出張続きで特に練習量が少ないため、普段にまして高位勇者に限定させてもらおう 笑)

J.S.バッハ:ブーレ 20061223 kity


ベートーベン:ニ長調のメヌエット 20061223 kity

サリーちゃん 20061223 kity


サリーちゃん以外は、魂柱調整以前に録音したものがあるので、比較のため、上げておこう。

バッハ:ブーレ 20061028 kity

ベートーベン:ニ長調のメヌエット 20061104 kity

PCのスピーカーでは残響感までは把握しきれないけれど、自分的には今回の調整、結構(自己?事故?)満足♪
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/12/23 22:34 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<きょうの料理 | ホーム | MBTIタイプによる性格診断>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/383-081a17ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |