FC2ブログ
ピンク色のモツアルト
ニュースサイトを見ていて、たまたま見つけた記事。

ロイター記事(英文)より。ザルツブルク国際モーツァルテウム財団がモーツァルトの楽譜をオンラインで無償公開されています。

検索ページはこちら

まだ、リンク先はよく見ていないが、画期的なことだ。でも、無償公開するために、オンライン出版の権利を40万ドルで買い取ったというのは、すごいなぁ・・

元々、モツアルトは曲自体の著作権なぞ、とっくに切れているのは明らかなので、楽譜としての編集著作権の買取に相当するんだろう。

この記事のコメントを見ていたら、

Mutopia Project

なんてのも、見つかって、こちらは、著作権の切れた楽曲を公開するプロジェクトらしい。

楽譜だって、手書きの写譜が必要な時代と、デジタルでいくらでも拡散コピーできる時代とは、ビジネスモデルが全く変わるはずだ。プログラムの世界も、音楽の世界も著作権法を根拠として商売しているが、この法律、今のテクノロジーに全然追いついていない。

古典的な楽曲の楽譜が無償で配布されることは、ユーザにとっては嬉しいのだが、それで、楽譜を出版する会社が立ち行かなくなると、流通して欲しい楽譜ですら売られないことになってしまうので、難しさがある。

でも、本の形式で物理的に出版しなくてよければ、在庫なんて不要なので、iTunesのようなダウンロード販売形式の楽譜販売サイトなんてのが普通になってくると、これらのサイトと合わせて便利な世界ができるような気がする。(かなり、販売側の寡占化は進みそうだけれど・・)

聴くに優しく弾くに難しのモツアルト、ピンクの曲想を表現できるか・・
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/12/19 13:53 】 | バイオリン練習 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<年末最大イベント(ただし、仕事)終了 | ホーム | 狭い世の中>>
コメント
10年近く楽譜販売の仕事に携わっていた私にとっては複雑な心境ですが、本当に時代は変わりましたね。

我々の時代は、クラシックだったら「グローヴ音楽辞典」等売り場にある資料を調べ、ポピュラー系は思いつく出版社のカタログを片っ端から見て探したものでした。
見つけた時はお客様と一緒に喜んで、今から比べると本当に地道な作業でしたけど、それはそれで楽しかったのでした。

でも、簡単に見つけて譜面入手、しかも無料!というのはやはり有り難いものですね。
【2006/12/19 23:13】 | URL | nori #-[ 編集] | page top↑
楽器屋さんの楽譜係は、図書館の司書さんと同じく、本当に頼りになりました(過去形)。

某店は私の通学経路から外れていて、貧乏な私は定期の使えない駅には降りなかったので(^^;)、noriちゃんが現役のころには、あの店には1~2回くらいしか行ったことがないはずですが、お高くとまった感じの銀座の店よりは、気持ちよい印象があります。

日本の楽譜が高くても、楽器がアメリカの4倍しようとも、音楽関係において、司書の代わりとなる人たちは必要なので、ある意味、仕方がないことかとも今なら思います。

だから、このニュース、私も本当にそれでいいの?と若干複雑な思いはありました。販売会社は40万ドルを受け取っていいかもしれないけれど、末端の楽器屋さんは、ただ売っていただけではないものねぇ・・

若い人たちはネットで検索すれば何でも手に入る(もしくは、検索してないものは世の中にない)と思っていますが、有用な情報は実はネットなんかに載っていないのですよね。

でも、今こうして、首都圏のくせに15km四方には楽器屋さんがないようなところに住んでいると、ネットで手に入るものは、貴重です。

もっとも、私は買い物なんてめったにしませんから、たまに買い物するときくらい東京に出るべきかもしれませんが・・
【2006/12/20 00:03】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
Mutopia Projectのページ、さっそく行って、数曲遊ばせていただきました。
ほんと、すごいですね。。大丈夫なのかな、と心配になってしまいました。
モーツァルテウム財団のほうは、日本語ページにはまだないようですね。楽譜の部分になると、やり方がまずいのかうまく見られませんでしたが。
有用な情報、いつもありがとうございます。
【2006/12/22 00:42】 | URL | たにつち #W32wsheY[ 編集] | page top↑
たにちちさん、こんにちは。

財団の情報はニュースサイトの方にリンクを張ったので、分かりにくいでしたね(^^;)
後で、修正しておきます。

楽譜公開のページは

http://dme.mozarteum.at/DME/nma/nmapub_srch.php?l=2

になります。K番号が分かれば、KVと書かれたボックスの横に番号を入力して、goボタンを押すと、対象楽譜に飛びます。
(たとえば、アイネクライネなら、525を入力します)

私の場合、耳で聞いただけで、曲名もケッヘル番号も知らないものが多いんで、検索は難しい(笑)
【2006/12/22 07:06】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/378-f276a0df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |