FC2ブログ
狭い世の中
今週は、月・水・木と、新橋でセミナー講師をしている。初日が終了したが、丸一日声を張り上げ続けると、さすがに終わりには喉がガラガラだ。

水・木は朝9時スタートであり、帰ってから次の朝早く出るのはしんどいなぁと思って、さりげなく、今朝、事務の人に、水曜を宿泊にできないかと問い合わせたら何とかなりそうということで、木曜は比較的遅い起床で大丈夫となった。
実は、昨日、水曜は仕事関係の団体×××の忘年会が本郷であるというお知らせがMLに流れた。忘年会のために宿泊をお願いしたということではないが、宿泊できれば、そちらにも参加できるか・・。


月曜のお昼、事務局と、他のセミナー講師の二人と昼食を取っていた。一人は初対面で、名刺をもらうと、い~ぐると似たような分野のようである。
「い~ぐるさん、お名前は存じ上げております」
えっ・・・?
こんな場末でひっそり生息している私を知っているとは、只者じゃないな・・

事務局は私がバイオリンを弾いたり、作ったりということを知っていて、初対面の講師には毎回その話をする。
(よほど、珍しいと思われているのだろうか?
ブログにコメントをくれる人たちの、半分(以上?)は、バイオリンの製作に関わっていることを考えると、世の中の10%くらいはバイオリンを作る人はいそうなのだが・・)


すると、彼は、
「それで、話がつながりました。先日、×××のメーリングリストに、楽器の話をされていましたよね~」

げっ、×××のMLに入っているんだ?
「×××に参加されているんですか?」とい~ぐる

「ええ、ML読むだけで、発言はしていませんが・・」

う~む、世の中って・・

もう一人の講師は、前から何度か一緒になっており、ギターを演奏し、定期的にバンドでコンサートをする。

楽器の値段の話や、日米価格差の話などの話をして、お昼の1時間はあっという間にすぎた。

さて、私のコースは、今回この日が初日であり、18時過ぎから受講者達と懇親会を行った。自己紹介に今までやってきた仕事の話などをして、軽い食事と飲み物をとって、1時間くらいで終わる。オープンソース界にはフリーライダーが多いというような話をしていたが、受講生の一人が「私もフリーライダーで、い~ぐるさんの成果を使わせていただいていました」なんていうではないか?

帰りがけ、
「Nさん、○○を使われていたんですか?」
「はい、バイクも、コンピュータも速いものが好きなので(笑)、い~ぐるさんやGさんの成果を使わせていただいていました」

○○なんて、普通の一般人が買うことはまずないだろう。
ある意味、バイオリン製作をする人間よりも少ないかも?
(ちょっと、只者ではないぞ・・)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/12/19 03:24 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ピンク色のモツアルト | ホーム | アンダルシアの弓>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/377-20b5d2f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |