FC2ブログ
レッスン52回目:クリスマスに向け・・
まずは、いつものように基礎練習から。
分散和音のスタッカート
 最後の音をもっと鋭く!
再度、注意してやり直して合格。次のパターンに進む。
これ、終わったあと、先生が
「肩当って前からつけてませんでしたっけ?」
「つけたり外したりが面倒なんで、なしにしてみたんです」
「^^;
肩当しないと楽器、よく響きますね!
楽器を押さえ込まないからですね」
ここで、左手を離して状態を見てもらう
「なくても大丈夫ですね~。最近、肩当つけない人が増えてきているんですよ。楽器がすべるときにはホームセンターで売っている滑り止めのネットみたいのを肩に置くといいです」

い~ぐるは、滑り止めにセーム革を使っていたが、段々それも面倒になったので(笑)、何もなしで楽器を持っていたのだ。

「私は肩当ないとだめなんですよ」

人それぞれ、体系も違うので、ベストな持ち方は当然ながら違う。

次は、スケール練習である。これは、前から音程がどうも決まらない。今回も、色々と指摘を受けながら、ピアノの音にあわせると、それなりに合うが・・
指の開きが大きすぎたりすることが多い。

もっとも、構え方を変えたことで、ポジションをまだ取りきれていないのもあるので、少し長い目で見る必要もある。

SEVCIK Ops1の14番
やはり、音程が不安定な部分があるが、
「たくさんあるので、どんどん行っちゃいましょう」
同じく5番
これは、合格、次のパターンに進む(といっても、2小節なんだけれど^^;)

課題曲、バッハの無伴奏パルティータ3番から、ロンド風ガボットである。

「暗譜してきましたか?」
あ、しっかり覚えていらっしゃる・・(笑)
「大体は。細かいところは怪しいですけれど」
「じゃ、譜面を見て普通に通して弾いて見ましょう」

バッハは、2音の和声の部分、下の音程が良くない。これも、指の開き具合と、半音の部分への注意が行き届いていないからだ。

2分音符は、押さえずに響かせる

4分音符の後の8分音符の部分で走りやすい。流さず確実に弾くように意識する

全体にだが、特に30小節近辺、音程が低くなりやすい。

75小節目付近、シの音が、lシャープとナチュラルで切り替わるのを落としがち

次にゆっくり音程を確認しながら、もう一度弾く


「じゃ、今度は暗譜でやってみましょう」

と、楽譜を譜面台から片付けてしまう先生・・

あっと思ったが、意を決して弾き始める。

「暗譜で弾いたほうがよく弾けてますね。この部分(77小節目)もちゃんと弾けていましたね」
さっき注意されたばかりなので、特に意識していた。

再度、注意点を確認し、
「これ、いつからやってましたっけ?」
「8月の終わりくらいからだったと思います」
「じゃ、次で終わりにしましょう」

今までの注意点とともに、強弱に気をつけること、特に繰り返し部分は一回目と二回目では二回目を静かに弾いて変化をつけることに注意して練習する

「次にやりたい曲はありますか?」

無伴奏パルティータのガボットに続くメヌエットか、クライスラーの美しきロスマリンか、ハイドンのセレナーデがいいです。

「3曲の中では、ハイドンのセレナーデが一番簡単ですね。美しきロスマリンは、最初の部分を全部アップで弾くのが難しいですが、弓順を調整すれば楽になりますね」
てなことで、次回までにその後の課題曲を考えておくことにした。のだめで、峰君が試験でやったベトベンの5番「春」もいいなぁ・・

ところで、寒くなってくると、朝起きれず、練習時間が少なくなりがちという話をしたら、「早朝から音を出しても大丈夫なのですか?」
「文句を言われたことはないので、多分大丈夫だと思っていますが・・」(もっとも、い~ぐるの早朝は、大して早くはない 笑)

音楽やっている人たちは、練習には苦労している。カラオケボックスで練習することも多いらしい。

先日のソプラフィーノのカルテットでチェロを弾いた男性は先生の後輩だが、このところ、毎晩のようにソプラフィーノで演奏している。彼は川崎と離れたところに住んでいて、移動ばかりで練習が出来ないので、川崎近くに住むところを探しているが、練習できる部屋は中々見つからないらしい。

チェロは、移動も練習も部屋探しも大変そうだ。低音なだけに、かなり響くからなぁ・・


先生から、プレゼントをいただきました。
「クリスマスなので・・」
かわいいツリーのロウソクだ。

どうもありがとうございました。

クリスマス

スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/12/11 21:58 】 | バイオリンレッスン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<サンタにお願い・・ | ホーム | 左手 親指の位置>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/369-cbd2924d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |