FC2ブログ
駒にクリップ
確か、以前、ハッチンスの論文を読んでいるときに見かけたと思うのだが、駒にクリップをつけることで音が良くなるという研究者がいるとのことだった。

すっかり忘れていたが、糸川氏の本にもその話が出てきて思い出した。

ハーバード大学のサウンダー教授である。
教授は、ハイフェッツを研究パートナーとして、バイオリンの音響研究をしていたのだが、その中で、駒にペーパークリップを挟むことで、バイオリンの値段が数百ドル上がったのと同じ効果があるという話を展開している。
また、ストラディバリと、ペーパークリップを挟んだ普通のバイオリンを聴衆から見えないようにした上で、ハイフェッツに弾いてもらい、ブラインドテストをしたところ、聴衆は全く区別がつかなかったということだ。

結局、「いい音」に本来的な基準がないというのが問題なわけで、求めるべきものを明らかにせず、ひたすら音の追求をするのは、幻を追いかけるような気になるものだ。

サウンダー教授の方法は簡単なので、eagleで試してみよう。

クリップ


eagleの駒のE線側に、ペーパークリップを挟む。

・クリップを挟んだ音

・クリップを挟まない音

明らかに、クリップを挟むと、落ち着いた音になる。これは、eagleの駒が多少削りすぎなことも影響しているのかもしれない?

糸川氏の論文のほうは、本よりもずっと分かりやすく、ハイバーの目的も明らかだった。要するに、低音側の表板の振動パターンの節となるところに、バーを配置することで、低音モードには影響させずに高音側のモードの周波数を高くすることを狙ったものだ。狙いは分かるし、原理も分かるのだが、先ほどの議論ではないが、それでは、「何がいい音なのか?」という観点が抜けたまま、頻出の音程部分の音圧を上げることは、果たして「良い楽器」という観点からみて、正しい解なのだろうか?
メニューインはE線が良く出ると言ったそうだが、良い音かどうかの論評は本には書かれていない。

これと違う話だが、糸川氏の論文の方に面白い見解が書かれていた。それは、倍音の合成での音と基音の関係である。前に、ストラドの周波数特性を見たときに、基音が強く出ているという解析をしたが、糸川氏の論文では、たとえば、3倍音と2倍音の合成音としての基音相当周波数成分が聞こえるような話が出ている。もし、通常のバイオリンでは、本来の基音が小さく、2倍・3倍の音の差音が聞こえているとすれば、「ストラドはピアニッシモがホールの端まで聞こえる」という評は、基音の大きさの違いを表しているのかもしれない。
高次の倍音は減衰が大きいので、当然、ホールの端までは届きにくいためである。
これも、含め、論文は色々と参考になる話が多かった。が、基本的に紀要論文であり、詳細な査読は入っていないので、グラフの扱い、議論の展開など、もう少し踏み込んで欲しい部分もあったが、書かれた年代を考えればそんなものかもしれない。

論文は、糸川・熊谷, ヴァイオリンの製作に関する研究, 東京大学生産技術研究所報告 第3巻1号, pp.1-19, 1952
である。図書館などで、簡単に手に入る製作関係者は一度目を通されると面白いかも?
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/12/05 22:19 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<ヴァイオリンを愛する友へ | ホーム | ヒデオ・イトカワ号>>
コメント
ほんとに、い~ぐるさんのおっしゃるとおりだと思いますです。
良い音の定義付けが曖昧なまま、「数百ドル価値が上がった」と言われても、説得力は無いですよね。
でも、クリップをはさむことによって、余分な振動が抑えられて、好みの音色に変化することは十分考えられるわけでして、個人で色々楽しむのには良いアイテムかも知れませんね。

録音は、想像通りの音でした。
クリップをつけると、倍音が抑えられて、落ち着いた音になりますね。
でも、そのかわり、クリップそのものが振動する雑音が聞こえるような、、、、。

私は、生eagleのほうが、好きですけれど、クリップ付きの方が好きな人もいらっしゃるでしょうから、やはり良い音の定義は難しいです、、、。
【2006/12/06 04:58】 | URL | 菊田 #DiB9ro52[ 編集] | page top↑
菊田さん、こんにちは。

そうなんですよね~、クリップをつけるのは、重量が増えて、ミューとしたのと同じことなので、音の予想はつくのですが、好みは人それぞれということですね(笑)

私はどちらがいいかは、自分でも良く分かりません。クリップをつけているというのが分かっているので、先入観なしに聴くのは難しい・・

糸川氏のハイバーはクリップの逆に倍音成分を大幅に増やすことになるので、きらびやかな音になります。
が、これも、データ上はそうでも、音として好みかどうかは、別の問題だし・・

良い音の基準をストラディバリの××とかに置くと、それと同じにならないと駄目という話になって、これもまた説得力がないですよね。

結局、色々調べても、良い音とは、個人の好みによる・・かも(青い鳥のようだ 笑)
【2006/12/06 09:49】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/362-8aec4e54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |