FC2ブログ
ヘロン・アレンのバイオリン製作本
バイオリンの製作本として、少し古めだけれど、有名な本として、ヘロン・アレンの本がある。
日本語訳も前半の部分は持っているが、昼休み、アマゾンでバイオリンの本を探しているときに、偶然、最近になってペーパーバックが出ていることを発見した。

Violin-Making, As It Was and Is: Being a Historical, Theoretical, and Practical Treatise on the Scienc and Art of Violin-Making, for the Use of Violin Makers and Players, Amateur and Violin-Making, As It Was and Is: Being a Historical, Theoretical, and Practical Treatise on the Scienc and Art of Violin-Making, for the Use of Violin Makers and Players, Amateur and
Edward Heron-Allen (2005/08/22)
Dover Pubns

この商品の詳細を見る


これ、2126円ということだ。う~む、定番バイオリン製作本としては、破格の安さかも?(^^;)

ついでに、violinでアマゾンを検索していたら、鈴木の教本がかなり充実してきたことが分かった。しかも、本だけのものは、872円と安価である。

しかし、アマゾン、何巻なのかという情報がタイトルに書かれていないので、とても検索しずらい・・・

そこで、少し並べてみよう。

まず、1巻である。

Suzuki Violin School: Violin Part (Suzuki Violin School, Violin Part) Suzuki Violin School: Violin Part (Suzuki Violin School, Violin Part)
Shinichi Suzuki (1999/07)
Birch Tree Group Ltd
この商品の詳細を見る


次に、2巻である。

Suzuki Violin School (Suzuki Violin School, Violin Part) Suzuki Violin School (Suzuki Violin School, Violin Part)
Shinichi Suzuki (1994/06)
Warner Bros Pubns

この商品の詳細を見る


で、こちらが3巻
Suzuki Violin School (Suzuki Violin School, Violin Part) Suzuki Violin School (Suzuki Violin School, Violin Part)
Sinichi Suzuki (1979/06)
Summy-Birchard
この商品の詳細を見る


しかし・・、出版社は全て違うのか??

ものによって、入荷まで数週間かかるものもあるらしいので、ご利用は計画的に♪
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/11/30 13:00 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<エコ生活 | ホーム | 至高のE線 vs 究極のE線>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/354-e0c4d017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |