FC2ブログ
マンドリンキット到着
うきうきと届いた箱を開けたのであるが、中を見て固まってしまった。

STEWMACマンドリンキット


写真では分かりにくいと思うが、キットというよりも、素材である。
ボディのスクロールは出来ていないのがホームページの写真で確認していたが、fホールも作られておらず、そもそも、トップもバックもNCルータで大まかに削りだされているだけで、サイズも厚さも仕上げもこれからすり合わせる必要があるのであった。
指板もフレットなんぞ打たれておらず(溝は切ってあるけど)、フレット用のワイヤーが長いままで入っているから、長さをあわせて切り出す必要があるし、指板やネックの幅も形も大幅に加工が要求される。

いやはや、作る前に修理どころか、本格的に楽器製作の道具をそろえないととても完成には行き着きそうもない。ボディのバインディングやら、スクロールの削りだしやら、インレイ加工やら難易度が高い処理が目白押しである。

指板のインレイ加工はしたくないなぁなんて書いたばかりであるが、なんと、指板のポジションマークはインレイ加工で作成するように貝を削りだしたインレイ用ポジションマークまでキットに入っている(笑)

とりあえず、削りだした板の歪が取れるまで(?)数年間は寝かして乾かしてあげないといけない・・ということにしておこう

これは私の他のブログからの転送で、オリジナルの日付は2005.12.22である。
スポンサーサイト



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/02/15 02:00 】 | マンドリン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<番外編:マンドリンキットの話 | ホーム | F5タイプのマンドリンキット購入>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/35-c0124e5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |