FC2ブログ
魂柱調整
魂柱・・この不可思議なもの・・

eagleは、G線、D線が強く出すぎるというか、これらの音に少ししまりが足りないような気がしていたので、下図のように魂柱を少しセンターよりにずらすことにした。

魂柱移動


魂柱は楽器それぞれの個性に合わせて微妙に調整が必要であり、また、その調整が極めて音色に影響を与えるので、慎重の上にも慎重を期す必要がある。eagleの魂柱調整は、数度となく繰り返しているが、そろそろ完成させたいものだ(^^;)

図のように動かすと、低音側の駒足と魂柱の間の距離が短くなり、魂柱を支点として駒足が表板を振動させるときに支点からの距離が短くなる分、制動が利いて、しまった音になる(はずだ)

と、理論はいいので、実践である。

魂柱調整


魂柱の反対側から魂柱立てを入れて、手前に引っ張るように魂柱立ての柄をドライバーの柄で叩く。

少しずつ慎重に叩いていくのだが、魂柱にとって緩む方向への移動なので、いくら慎重にしてもしすぎることはない。

ここで、魂柱を倒してしまうと、また、最初の音色調整を0からやり直すはめになるのである。今回は、倒れる直前くらいまで、一気に斜めになって冷や汗をかいたが、何とか倒れずに踏みとどまってくれたので、逆に押し込んで事なきを得た(^^;)

せっかく調整したのだから、録音して、音の確認をしよう。



このブログの読者ならば、当然分かっていると思うが、これらの音源、危険につき取り扱い注意である。
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/11/18 20:37 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
<<ストラディバリウスの音色 | ホーム | のだめの影響力>>
コメント
すばらしい、、、。
ガボットのダイナミックな展開には、思わずコンピューターに吸い込まれそうになりました。

それはともかく、、、魂柱の移動がどの程度効いているのかは分かりませんが、良い感じで響いているように聴こえましたデス。

でも、中心側に寄せると、魂柱の長さが足りなくなるというデメリットも出てきて、これは逆に低音の締まりを無くしてしまうので、難しいところですね。

ほんとに、不可思議な物です、魂柱って。
【2006/11/18 22:31】 | URL | 菊蔵@勇者度98 #DiB9ro52[ 編集] | page top↑
おっと、禁断のリンクを踏んでしまわれたのですね~ ^^;

危険、立ち入るべからずと、立て札が立ってませんでした?(爆)

魂柱調整はほんとに難しいです。が、板厚やアーチと違って、後から音を聞きながら何度でもやり直せるのは、少し気が楽かも?デス


【2006/11/19 01:18】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
危険ですよ。長さを作り替えることなく位置だけ移動するのは弦の圧力変化でトップの割れや変形の原因を確実に招きますから専門家に任せるべきですよ。因みに私は専門家です。悪しからず。
【2006/11/19 23:26】 | URL | たーさん #-[ 編集] | page top↑
たーさん、コメントありがとうございます。
詳しい話は書きませんでしたが、魂柱の長さは、今回の移動の場所で、ぴったりに収まっています。
それでも、万が一、長期的な使用で変形や割れが生じることがあれば、その修正もバイオリンとのお付き合いの一つと思っています。
【2006/11/20 00:01】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
はじめまして
私も同年代のレイトスターターです。
まだ鈴木の2巻で足踏み状態です。
さすがに製作はできませんが、ペグや駒の取替えは自分でやります。(田舎で楽器店がないのと、お金がかかるのし楽器が安いので安心)
魂柱の調整ですが、弦は張りっぱなしでやるのでしょうか?
私は怖いのでちょっと緩めて調弦して弾きながら音を確かめやっているのですが、本当はどのようにやるのでしょうか?

ブログ楽しく読ませていただきました。
よろしくお願いいたします。
【2006/12/09 11:11】 | URL | ヒポタマ #-[ 編集] | page top↑
ヒポタマさん、こんにちは。

私は全て我流なので、本当はどうするのかというのは分かりませんが、魂柱はあまりきつくしていなく、弦を緩めなくても、コンコン叩くと動くので、張ったまま調整しています。
ただ、間違って倒しちゃったときには、板に圧力がかかるので、急いで弦を緩めます。

楽器店、私のところも、技術屋さんがいる店は数10km以内にはないです。多少でも、調整とかに興味を持つことが出来るなら、「庶民の楽器」は自分でやるのも選択肢だと思っています(笑)

同年代ということで、今後ともよろしくお願いします。
【2006/12/09 15:56】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/342-f9cbb049
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |