FC2ブログ
バイオリンのニス材料
自作バイオリンeagleはシェラックニスを使って色をつけたのだが、バイオリンのニスはさまざまな人たちが色々と工夫して調合していて、面白い。

バイオリンのニスには大別してアルコール系とオイル系があるのだけれど、自分で塗ることを考えるとアルコール系が便利な気がする。

それもあってシェラックニス(といっても、私のは安い未精製の床用塗料だが)を買って、バイオリンに塗っていた。

ものの本によると、アルコール系のニスは
・シードラック
・サンダラック(菊田さんのところのコメントには面白みを出すためにサンドラックと書いています 笑)
・コパール
などの樹脂をアルコールに溶かし、これに適宜発色のための
材料を入れるのである。
(赤の色はドラゴンブラッドだと菊田さんのページに書いてあった)

さて、であるが、楽器を販売しているところで、バイオリンのニスを探すととんでもなく高価である。私の床用シェラックニスは安価であるが、シェラックの色だけだと単調な感じなので、もう少しきれいな色を出すことを考えて、阿仙(カテキュー)などの黄金色っぽい色が出る染料を探していた。

すると、布を染める染料を扱っている店が検索にかかった。
この店で、必要な染料だけでなく、ラック樹脂(おそらく写真から見て、シードラック)も手に入るので、バイオリンのニス材料の多くが安価に入手できる。

こういったところをもっと活用しないといけないよね~

後は、植物系の樹脂であるサンダラックやコパールであるが、これらは最悪、松脂でも粉にして混ぜてもいいのだろう。
何しろ、ラック樹脂が硬すぎるのを押さえる役割としての混入であるから、多分、メイビー、パハップス、松脂でOKだと踏んでいる 笑
スポンサーサイト



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/03/04 00:05 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<竜血樹 | ホーム | ベルリンフィルハーモニー・ブラス・クインテット・コンサート>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/08/20 09:39】 | | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/31-990b19b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |