FC2ブログ
バイオリンレッスン47回目
9月はお互いの日程が合わず、今日は午前休みを取ってバイオリンレッスン日とした。今は職場の昼休みであり、大急ぎで忘れないうちに(^^;)レッスン内容をまとめておこう。

今日は少し荷物の多い先生、重たいものを持たせて申し訳ないと思ったが、まずは、レッスンの前に、秋田のお土産の日本酒をお渡しする(^^;)

ずいぶん久々のレッスンなので、本来は充分準備が出来ていないといけないはずなのだが・・

レッスンになると緊張するからか、音が硬い(どころか、ガリガリ言っている)。その上、音程が悪い。

このところ、私は音程のガイド音源を使っておらず、他の弦との共鳴の音を頼りに音程をとることが多い。が、この方法、うまく行くときにはいいのだが、一旦ずれだすといかんともしがたい酷い音程になっていくのだった。

重音の練習もいつものように、音程に問題を抱えている。和音の上の音に注目し前の音とのつながりを意識して、弾くようにということだ。特に最後のオクターブの和音がいつも酷いので、この部分は充分注意してかからないと・・

スケール練習は、ハイポジションでの音程が悪い。特に、A線とE線が、悪いが、高くなるときと低くなるときがあって、要するに安定していない(^^;)

半音と全音の取り違えを何箇所か指摘されているが、これは前にはなかった症状であり、早急に改善が求められる。

やはり、これはガイド音が必要か?

SEVCIKの2曲はこれらに比べたら比較的問題は少なく、どちらも次の段に進むことになった。(私には一曲ずつだと長すぎるので、楽譜の1段ずつをやることにしているのだ)

で、いよいよ、無伴奏パルティータ ロンド風ガボットである。ページめくりは演奏中には出来ないので、裏になるページをコピーして貼り付けた楽譜を広げる。

とりあえず、最初から最後まで一通り弾く。
つっかえながらも、何とか通していくのだ。

で、細かく見ていくと、あちこちさまざまな問題だらけであり、指摘事項が多すぎて覚えきれない(^^;)

まずは、3音のスラーであるが、これを たら~って流れて弾くことが多いので、流れずにちゃんとテンポを取ってしっかり弾く。

タタタータと4つの八分音符の後二つがスラーとなる場所が何箇所か出てくるが、後ろのスラーのところはテヌート気味にする。

音程注意、特にダブルシャープを落とすことが多い。

重音はたらっと弾かないで、最初から両方ともしっかりと音を出す。

3重音は低い音を丁寧に、アップのときにも低い弦から音を出していく。
・・・・

まだまだ指摘は続いているが、記憶しているのはこれくらい。

帰りに、結婚式での演奏の話をした。
あ、演奏されたんですよね~。生の演奏は喜ばれますよね♪
と先生
だが、先生が弾いたら喜ばれるかもしれないが、私のは騒音に過ぎないので・・・(^^;)

新橋での路上ライブの話とか、ブログ仲間で、黒四ダムの上とか、長野オリンピックのスキージャンプ台の上でフィドルを弾く人がいるんだという話とか、色々と雑談をしながら、駅まで送る。
すごい!、どこでも弾いちゃうんですね~
と、せばさんの蛮勇はここでも評判であった(笑)

先生を駅に送って、その後、私は職場に向かう。


職場の売店にて、「弦楽ファン」を探すが、見つからない。
レジで聞いたら、「弦楽ファン、明日じゃなかったでしたっけ?」
という話だ。「あれ?、25日って聞いたんですが・・」
と、レジの人が調べてくれて、やはり明日の入荷らしい。
「取り置きしますか?」と聞かれたので、お願いしておいた。

これで、弦楽ファンは探し回らなくてもよくなった。

「あ、でも、入荷しなかったら、取り寄せに10日くらいかかっちゃうかもしれません・・・」

入荷してくれることを祈るのみだ(笑)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/09/25 12:49 】 | バイオリンレッスン | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<バイオリン職人の幸福な日々 | ホーム | 第13回二宮演奏家協会コンサート>>
コメント
ば…蛮勇って言うな~(爆) うぅ、また私の与り知らぬところで、私の良からぬ評判が…よよよ。
【2006/09/25 20:26】 | URL | せばすちゃん #-[ 編集] | page top↑
良い評判ですよ♪
それに、「せばすちゃんさんが・・」なんていうような、個人を特定するような言い方はしていませんので、一般的にフィドルをやる方々はそういったものかと思われたのでは・・・(爆)
【2006/09/25 23:51】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/281-b587b157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |