FC2ブログ
笹燈に挑む
ようやく我が家に戻ってきた。今回は、明日からの講習会講師担当が当たりそうだったので、当初予定を1日短縮しての計画となったが、準備が出来ないからと何とか逃れようとした努力むなしく、明日の講師担当はやるはめになった・・

なんてことはともかく、帰りの飛行機、予約したのが出発寸前ということで、早い便は全て満席で、17:50秋田発のANAで帰ってきた。

お昼に一座は解散していたので、少し時間的余裕があり、ホテルから歩ける範囲の観光スポットを回る。

民俗芸能伝承館なるところに行くと、ちょうど今から笹燈の実演があるというではないか。これはラッキーと見学としゃれ込む。
燈篭1燈篭2


基本の型をいくつか紹介いただいたあと、試して見たい人は是非ということだったので、何でもやってみたがりの い~ぐるは、そそくさと試してみるのであった。
(自分でやっているときには、当然ながら、写真は取れない 笑)

その他、太鼓を自由に叩いてよいコーナーがあったり、民具を触らせてもらえたりと、短い時間ではあったが、結構面白かった。

その後、古民家の見学をして、大きな内倉に驚きながらも、上がりの板は栗の1枚板だよなぁ・・などと思い、
これ、1枚板なんですよね、すごいですね。
と、係りの人に言ったら、
あ、でも、めぼしいものは、寄贈する前に家の人が全部持っていってしまったんですよ。この板も、ここで、一旦、継ぎが入っているでしょ?
とのこと。

文化財の指定は秋田市に寄贈された後になされているので、所有者としては当然なんだろうが・・

大きな荷物を抱えてうろうろしているうちに、大雨が降ってきて、紙袋の底が抜け、全部荷物を作り直したりしているうちに時間が経過していく。

駅の方に、市民市場なるところがあって、にぎやかだと聞いていたので、そちらに向かって歩くが、何と、日曜定休である。

そのほか、近くの店は軒並み日曜定休であり、結局、イトーヨーカドーと駅ビルのお土産やさんをうろうろすることになった(^^;)

秋田、案外面白かったが、思ったよりも気温が高く、上着を着て大きな荷物を抱えてうろうろするのは、ちと厳しいものがあった。
スポンサーサイト



【2006/09/10 22:54 】 | つれづれなるまま | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<バイオリンの音、マンドリンの音 | ホーム | きりたんぽの夜@秋田>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/268-99028be7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |