FC2ブログ
ヴァイオリンキット
私の愛器eagleはキットから作成したものであることは、以前、このブログに書いている。
このところ、クレモナのバイオリン製作家の菊田氏のブログにお邪魔することが多く、
氏の美しいバイオリンの造形に刺激を受ける日々であった。

ところで、季節は芸術の春である(なんのこっちゃ)

練習のため、早めに家路についた私の元に、一つの箱が送られてきた。
ん?何だろう・・ 開けてみると、美しい(とはいいがたいが)fのくっきりと浮き出した板が見える。
(画像を右クリックして、画像を表示とすると、縮小していない元画像が見えます)



ぉお~!!これは、もしや、6800円のスズキものつくり教室のバイオリンキットではないか???

バイオリン キット【サイズは2タイプ】 1/2・4/4

誰がこんなものを???
(って、バレバレだが、前に書いたように、バイオリン製作の練習として、StewartMacdonaldのキットを作る前にもう一度前に失敗したところをおさらいする必要を感じていたのだ。陳氏の本にも、数をこなすことが重要だと書いてあったではないか。
・・・って、お前は専業じゃないだろぅ・・・)
恐る恐る、箱を開け、楽器の裏を見てみる。



なんと、このキット、裏の楓には杢がくっきりと出ているではないか? 表も裏もパーフリングは・・・素人加工である・・・(折れたままの私の加工よりは数段きれいだが)
これは、教育用キットであり、子供たちが作ったりするのであるが、ペグや駒はどうなっているかと、キットの小袋を開けてみる。



ぉお、ちゃんとペグは調整済みで、どの弦ようのペグなのかがシールで張ってある!
駒も、削りはされており、そのまま装着しても使えそうである。ベルの部分をもう少し削り込めば、ちゃんと使えそうだ。

試しに、ペグをヘッドにつけてみたけれど、どこかのキットのように力任せに回しても回らないなんてことはなく、普通に使える状態に調整済みであった。

が、ペグの端は反対側から頭を出さないものもあったりと、使えりゃいい状態である。
まぁ、どこかのキットのように「絶対使えねぇぜ」状態ではないのは、ポイントとしては大きい。

使えりゃいい精神は、このキット、全てにいきわたっており、スクロールや糸巻き溝の加工も、その崇高なる精神と系譜ときちんと継承しているのである。



穴という穴にはバリが残っており、糸巻き溝の底は無残なノミの後がある。が、だからといって、使えないものではないは、確かだ。

スクレイパーやヤスリできれいにし甲斐があるというものだ。 エンドピンから中をのぞいてみよう



トップブロックやボトムブロックはどこかのキットと違い裏板にしっかり接着されていそうである。サウンドポストもちゃんとまっすぐ立っている(当たり前か)。

ただし、リブのライニングは分厚いテープ状態であり、未加工だし、良く見るとネック付近の左側はライニングが届いていなかったりする。

とまぁ、色々あるけれども、6800円のキットにしては、かなり遊びでがありそうである。

今後の計画であるが、まずは、お約束の乾燥期間を置いてから、その後の処理を検討することになるのである。

裏板の接着はニカワのように見えるのだが、表板の接着はどう見てもタイトボンドであり、逆だろう普通!と思いながらも、タイトボンドをどうやって剥がしてやろうかと、乾燥期間の間に検討する予定である。

さて、名前がないままでは、知的レベルが上がらないのは、この世界の常識なので(って、どの世界なのだ?)、
名を与えよう。

ではあなたに名前をあげます。

そなたは、「オーマ」、じゃなくって(笑)、

KITY KITE
スポンサーサイト



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/02/23 22:57 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ホワイトバイオリンKityKiteの産声 | ホーム | 弓を駒と並行に動かせ!>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/25-a073993d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |