FC2ブログ
MANTA危機一髪・再び
マスクをつけずに入ったら、5分で肺が腐る死の森

ここでは、人界の法は効かぬぞ


先日のネック外れ事件から、復帰し、快調となったMANTAであるが、今日、ふとみたら、やけに弦高が高くなっている?

えっ? ネックは問題ないはずだが・・

と、見ると、

MANTA裏板はがれる


裏板がものの見事にはがれているではないか。

あわてて弦を緩めて、被害の拡大を防ぐ。

考えても見れば、ネックと裏板はほぼ同時期に接着したのである。ということは、ネックの膠が痛んでいたのなら、裏板の膠もまた、傷んでいたと、少し考えれば分かる簡単な命題である。

が、分かったから現象が解決するわけではなく、やはり、対策を打たねばなるまい。とりあえず、今、瓶に入っていた古い湿った膠はお湯で洗い流し、新しく作り直すことは決めた(^^;)

ふと、気がついたが、ネック、裏板以外にもバスバーとトレブルバーも同時期に膠接着していたのだ(^^;)

今週から怒涛のセミナー講師日程が入っていて、準備や往復のため、およそ時間が取れない状況の中、どうやって対策を打つか

作成中のマンドリン、名前はまだない
これも、8月中にはニス塗りを開始できる日程で進めないと、10月に間に合わないぞ。

・・・悩めるヴェルテルよ。
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/07/30 20:10 】 | マンドリン | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<MANTA再生計画 | ホーム | デジタルオーディオアンプキット>>
コメント
この対策としては、期限延長ですね。
レッスン二周年の記念だけど年内だったら全然問題ないじゃないですか。
(って、アバウトな私の意見なんですが・・・)

マンタ、新鮮な膠で元気な姿になってくださいね。
食中毒症状みたい。急激に襲ってくるところが。
お大事に。
【2006/07/30 23:22】 | URL | nori #-[ 編集] | page top↑
何か、大変なことになってますね...。
昔経理の仕事でシステムを組んだことがありますが、一箇所崩れると他の箇所も雪崩現象になったことがあります。微妙なバランスで成り立っているので初動が大切だと思います。
これを乗り越えれば世紀も超えられるハズ!頑張れマンタ。
【2006/07/30 23:39】 | URL | モハー #-[ 編集] | page top↑
じっくり、ゆっくりと作業するのが得意です(嘘)
8月は最初の2週間はきついけど、お盆休みもあるし、きっと何とかなるって楽観しています♪

膠はニコゴリなので、湿った状態で数ヶ月ほったらかしにするのは、やっぱり無理だったようです ^^;

魚の煮付けの汁を常温で数ヶ月ほったらかしたことを想像してみてくださいね♪

先日のeagleを補修したときに作った膠もやっぱり常温でかたまらなくなっていたので、また、作り直しです(といっても、瓶に膠の粒を入れて、一晩置けばできるんだけど 笑)
【2006/07/31 01:17】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
大変な状況ではないんですよ。はがれた板は付け直せばいいだけですから。
こういうことを想定して、裏板にはバインディングをつけていません(嘘です、工具がないのと、面倒だっただけです)

システム構築もバランスが必要ですよね~
東証のシステムの事故とか見ていると、外部の条件もかなり変動するので、基幹システムの構築は気を使いますよね。

マンタは、まともな膠を使いさえすれば問題なく再生すると信じています。作業を開始したら1~2日で回復すると思います。
【2006/07/31 01:21】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/219-37121f2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |