FC2ブログ
丸と平
マンドリンの裏板を丸ノミで削っていたが、これでなめらかに削るのは、至難の業である。
しかし、なるべくノミで削っておかないと、ペーパーで削るときに、木の粉がすごいことになるのは、必至である。

もちろん、四方反りカンナなどを使えば、きれいにできるのだろうが、カンナという工具、思いのほか高い。

じつは、先日、ホームセンターに行った時に、豆カンナ(剣)が商品入れ替えのため安売りしていて、何度か手にとって迷ったが、剣では、役に立たないと断念してきたところだ。

だからといって、手をこまねいているのは、性分に合わないので、今日は、違うスタンスで板を削ってみた。

平のみ


平ノミである。

これ、写真で見るとおり、かなり刃の幅が広い。これを木目に対して、斜めにすべるように動かすと、鉋屑のように薄く木が削れる。そこで、角度に注意しながら、削っていくと、丸ノミと違って、なめらかな面が得られやすい。

方法としては、お手軽で実用性は高いかも?
スポンサーサイト



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/07/19 22:40 】 | マンドリン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<レッスンまで、カウントダウン | ホーム | 裏板の削り方>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/207-e324bb77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |