FC2ブログ
製作計画変更
バイオリンチューニングのウクレレとして製作中であった、マンドレレであるが、突然、気が変わって、後回しにすることにした。

その代わりに、手を付け始めたのが、バイオリンの先生にプレゼントする予定のマンドリンである(^^;)

これには、理由があって、レッスン2周年という大義名分を逃すと、渡しにくいので、10月に間に合うように日程を逆算すると、やはりそろそろ手を付けないと人に渡せる状態にはなりそうもないということである。

手順その1

表板のノミ痕消し

購入したのは、アーチがノミでほぼ削られたキットである。ノミで荒削りしただけなので、当然仕上げが必要となる。

まずは、ノミの痕をスクレーパーとサンドペーパーで均す。
スクレーパーサンドペーパー


手順その2

表板のアーチ削り仕上げ

ノミ痕が消えたら、次は、アーチの仕上げに入る。センターからなだらかにカーブを描いて降りてくるアーチは、リムに向かって逆Rとなるように、リムの近くを掘り込むようにスクレーパーとサンドペーパーで削る。

スクレーパー@リムサンドペーパー@リム


このとき、特にf穴の外側の羽をバイオリンのように、少し掘り込むように削り、アクセントをつける。

表板のエッジもバイオリンのように掘り込みしようかと思ったけれど、バインディングとの相性が良くないかも?と思い、取り止め。(だいたい、丸ノミをちゃんと研げないってのも大きいのだが・・)

手順その3

リムの修正

リム修正


エンドブロックのところのリムの合わせ目で、片側が少し浮き気味だったので、膠を少しつけて、クランプで止める。
(じつは、先にクランプで様子を見ようと止めたら、浮いていたリムがきちんと納まってしまい、膠は上から少し垂らしただけになってしまった いいのか、悪いのか・・・^^;)

To be continued.... まだまだ先は長い(^^;)
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/07/09 21:36 】 | マンドリン | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<お勧めの本やCDなど | ホーム | ダンボール過多症候群>>
コメント
唐突に、お邪魔いたします。
菊田さんのところで前々から存知ておりましたが、過去記事にて「カノン」関連で、拙サイトページのことも触れていただいたのですね(^^)
それにしても、途方もなく密度の濃い、楽器製作の日々とブログコンテンツですね。信じられません。
過去記事、数ヶ月分だけ読ませていただいたのですが(すごい時間かかりました)カノン関係はじめ、とても参考になる記事が満載でした。すごい楽しいですし。御礼まで。
どうぞよろしくお願いします。
【2006/07/09 23:03】 | URL | たにつち #W32wsheY[ 編集] | page top↑
つたない文章を一気に読んでいただき、ありがとうございました。何しろ無計画な人間なんで、話があっちこっちに飛びまくり、まとまりがないので、読みにくかったと思います(^^;)

たにつちさんのお持ちの菊田さんの「カノン」モデル、素敵ですよね。ファンサイトも、たにつちさん自身のご活躍も期待しております。

今後ともよろしくお願いします。
【2006/07/10 07:35】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
おや?このメンバーは・・・
mac、、の話はやめときましょー(笑)

ついにマンドリンの製作が始まったのですね!
先生どんなお顔をされるか楽しみですね。
私もアフリカの太鼓でも作ってプレゼントしようかなぁ?
(リトミック教室の方で使って頂けるかも、、??)
【2006/07/10 11:13】 | URL | nobara #PzYVIlwM[ 編集] | page top↑
いいですね~
じつは、高校のマンドリン部では、ボンゴも叩いていました。あれ、吹奏楽の人たちはスティックで叩くけど、マンドリン部では、本式(?)に指で叩くので、指は腫れ上がる代物でした(^^;)
でも、音もいいし、きっと、はまってくださるかと・・ 笑

マンドリン、色の好みを聞くべきか・・・迷うところですね~ ^^;
【2006/07/10 22:29】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/197-16a4a03c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |