FC2ブログ
太平洋を渡るバイオリンキット
以前、StewartMacdonaldから購入(衝動買い)したF5マンドリンキットが押入れに入っている。これは、ショルダースクロールの作成方法を思いつかず、長期の乾燥を行うことに急遽予定変更となったものだった。

入れっぱなしにすると忘れ去られたまま数年は過ぎ去るだろうから、冬の乾燥した時期にエアコンの風にでも当てて、少しシーズニングを進めても良いかと、押入れの奥から引っ張り出してエアコンの下に持ってきた。

あ~、このキット、私のところに来なければ、今頃、立派に音を出していたかもしれないなぁ、などと、感慨深く眺めていると、ふと、異質なものに気がつく。



あれ?
マンドリンの左側にあるスクロールの付いたネックは何だ?

もしや、StewartMacdonaldで売っているバイオリンキットがサービスで付いてきたのか
(な、わけないだろう)。

はい、マンドリンキットを衝動買いしたときに、アメリカで売っているバイオリンキットはどんななのか、興味を押さえきれず、ボタンをクリックしてしまったのでした。

言い訳すると(今更)、ミネハラ(HOSCO)のバイオリンキットに悪戦苦闘の結果、ようやくそれなりのものに仕上がってホッとしていた時期、たまたませばすちゃん氏のページで同じキットで同じようなひどい目にあっているのを見つけたのであった。
マンドリンキットの購入を決めたときに、そういえばアメリカで売っているキットの品質はどうなんだろうという疑問がムクムクと湧き上がり、一緒に買えば送料はかからないぞという悪魔の声に逆らえなかったのであった。

マンドリンキットを何で購入したのかという話もあるのだが(笑)、こちらは、たっぷり余っているセラックニスの使い道という理由があって、輪廻は回るぐるぐると・・・

実は、このバイオリンキット、中国製で、パーツセットの袋には中国企業の名前までそのまま入っている。つまり、キットは太平洋を越えて、アメリカにわたり、ネットショッピングによって、再び太平洋を越えて私の手元に来たのである。
海峡を渡るバイオリンならず、太平洋を渡るバイオリンキットである。

今は、キットは乾燥中(笑)であり、すぐに触る計画はないのだが、そのうち、暇を見つけて、日米のバイオリンキットの比較をしてみたいと思う。

スポンサーサイト



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/02/18 09:44 】 | バイオリン製作(eagle) | コメント(46) | トラックバック(0) | page top↑
<< チャルダッシュに挑むアダルトプレーヤー | ホーム | バイオリンのレッスン記(2005年1月~)>>
コメント
質問です ミネハラのキットはホスコ社のものなのでしょうか?
【2008/01/16 08:03】 | URL | はじめまして #-[ 編集] | page top↑
私が買ったの(BVK-1)はHOSCOでした。組立て説明書はHOSCOのものに加えて、その一部に手書きで追記したコピーが付属してました。
ただ、HOSCOのキットについてくる弓は付いていませんでした。
【2008/01/16 21:37】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
お返事ありがとうございます つまらない質問でごめんなさいでした… ミネハラは→色々(キット)扱っていたんでしたねっ^^; スチュワートのキットは現在も乾燥中なんですネッ~♪
【2008/01/16 22:36】 | URL | はじめまして♪ #-[ 編集] | page top↑
スチュワート・マクドナルドのキットは質はかなりよいのですが、最近、なにかと忙しくて手をつける余裕がないデス。十分乾燥させて熟成すると良い楽器になるかも? 笑
【2008/01/18 00:09】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
★実は→→→スチュワートマクドナルドを買っちゃいました♪ わたくしも現在乾燥中?です~ このブツが太平洋を往復してきていたとは知りませんでした(^^;)
【2008/01/18 00:52】 | URL | はじめまして #-[ 編集] | page top↑
STEWMACのキット、入手されていたんですね!
値段の割りにきれいな仕上げでしょ?
このキット、説明書も丁寧で、あのまま作ってもいいですが、是非、板厚を調整して音質を追求してみてください♪
【2008/01/19 08:31】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
★わたくし→まだ初心者なもんで、良いか悪いかが も一つワカッテませんσ(^◇^;);; 裏・側板と表板は乾燥促進に電子レンジには入れてみました↑ ネックも入れてみょぅかなぁ?とか 考えてマス
【2008/01/19 14:04】 | URL | {はじめまして} #-[ 編集] | page top↑
初めて作るときには、まずは、STEWMACの製作マニュアルをきっちりと守って組み上げるのもいいんじゃないでしょうか?
かなりしっかり書いてあるので、あれをちゃんと守ると良い精度で楽器ができると思います。
がんばってください。
【2008/01/23 01:49】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
マニュアルですか!!? 英語のんしか入ってないし 日本語しかわからないし~ 写真だけを見て やりましょう^^♪
【2008/01/26 19:31】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
写真だけだと情報が少し足りないかもですが・・頑張ってください。

前にSTEWMACに日本語訳を作ったらサイトで公開していいかと聞いたのですが、あまり色よい返事がいただけなかったので、そのままになっています。
【2008/02/01 21:10】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
★すごいですネッ!! 翻訳できるんですかァ♪ スチュワートマクドナルド→他の楽器のキットは日本語訳はありますかァ? まぁ日本語訳を作ってまでして売る気は無いって事なんですかネェッ!!?
【2008/02/06 00:53】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
STEWMACはアメリカのお店ですからねぇ・・(笑)

あの店では英語を読める人が買うケースが圧倒的なので、日本語訳は出すつもりはないんじゃないかなぁ。
【2008/02/08 19:47】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
日本語訳…そうかァ 出す気は無いんでしょうねぇ(笑)「日本なんか相手にしてないよ」ってところなんですねぇ スチュワートマクドのキット達は 直接太平洋の向うから買ったんですかッ?♪
【2008/02/19 18:05】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
こんにちは。日本のお客は大事なお得意さんだと思いますが、翻訳って業者に依頼するとウン十万掛かるので、それで元が取れるほど売れないという判断だと思いますよ。

ええっと、直接買う以外の方法は知らないんですが・・
【2008/02/20 19:25】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
翻訳、なるほどっ♪ メーカー(スチュワート)にも事情があるんですねぇ(笑)
英語が読めれば 英語圏から買えますね(いいなァ~) ハジメマシテは 日本国内から買いました ネックの片面がちょっと陽に焼けているみたいだけど…業者さんが箱からだして保管してたのかな?(笑)
【2008/02/26 06:40】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
あ、そうなんですか。
STEWMACの発注は英語といってもあまり難しくない(買い物籠に入れて、住所氏名をローマ字で入力して、カード決済)ので、次からはご自分でされてもいいかも?
日に焼いた方がいいという人もいるので、日に焼けているくらいは問題ないですね(指摘して安くしてもらえるともっといいですが 笑)
【2008/02/26 21:12】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
なるほど♪ スチュワート.Mも インターネット通販でよくあるカタチなんですネッ 送料が¥高いかなぁ?(笑)
【2008/03/01 17:03】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
送料は高いですね。だから、つい、ついでのものを一緒に買うことに・・(笑)
【2008/03/02 22:01】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
スチュワート.MのホームPや他の人でスチュワートのバイオリンをUSAから買って作った人のブログ~?を見てみました {ブツ1個}+送料で私が買ったのと同じ位の値段になってしまいますねぇ 一度にいっぱい買わなくっちゃってなりますネッ(笑)
【2008/03/05 06:02】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
そうなんですか。国内で売られていたのは知りませんでした。
STEWMACは3個買うと1個あたりの値段も安くなるので、次に買われるなら、是非3個買ってみてください♪
【2008/03/05 19:15】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
3個から 値引きありですか♪ じゃキットバイオリンがいっぱい必要になったら 注文してみます^^♪
【2008/03/07 18:57】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
キットの製作、頑張ってくださいね♪
【2008/03/10 00:38】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
キット製作 楽しんでやってます♪ 今日は ネックとサドルを接着しました(^O^)♪
レッスン ムズカシそ~ バイオリニストは、まず楽譜を読まないといけないですネッ(当り前!!) ワタクシは全然読めないデス~♪(笑)
【2008/03/11 08:05】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
もう、ネックの接着ですか、すごいですね。
せっかく作るのだから、是非、弾けるようになってください。

よく知らないのですが、スズキとかヤマハとか楽譜が読めない人向けにもレッスンがあるんじゃないかなと思います。
【2008/03/12 20:28】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
んっ…^^;;; ネックがかたむいているぞぉ~ 接着の時は気が付かなかったが 指板を外してみたら ネックの角度がぁ… 調整の時に指板の先っぽに気をとられすぎたみたいだっ!チャンチャンッ!!♪ このまま作っちゃぇ~(笑)♪ ヤマハと鈴木ですか ヤマハは看板を掲げた教室がいっぱいありますネ!
【2008/03/14 19:17】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
そ、そうですか、ネックが傾いているまま・・
演奏者が傾いて弾けばいいですね(笑)
【2008/03/15 16:27】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
ハイッ! 傾いて弾いてみます(笑)♪ 指板の裏も削ってみます 軽量化なるかな?♪
【2008/03/16 06:50】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
削りすぎにはくれぐれも注意して作業くださいね。
【2008/03/17 01:32】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
指板の裏側…削ってみました 重量は計ってなかったので 気持の問題ですが 2/3位になったかな?(笑) ペグボックスの横もちょこっと削りかけてます~~自分で作ると色々遊べて楽しいです♪
モーストリークラシックって産経新聞の1面に広告が出てる雑誌かなぁ?♪♪♪
【2008/03/21 04:24】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
そうですね。市販の高級な楽器を削るのはとてもできないですが、自分で作ったものなら、自分の責任で色々遊べますね。いつまでも収束しなかったりもしますが(笑)
【2008/03/22 00:59】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
ハイッ このまま指板を接着すれば 弦を張って 音を出せるようになりそうですが 削っていると欲がでて、もうちょっとだけ…もうちっとだけ…と いつまでもおわりそうにありません(笑)
(写)の物体は…巨大なカンナ…!! 遂にチェロかコントラバスでも手にいれましたか!!!♪(笑)♪
【2008/03/22 19:47】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
弦を張って、音を聞いてから、さらに削るってこともできますよ(私のアンダルシア君のように 笑)。

これやっていると、いつまでも完成はしないですね。でも、どこかで止めないととめどなく削ると削りすぎになりますデス。

巨大カンナは、板の平面だし用ですよ。はぎ合わせの精度を上げるには、長いカンナじゃないと端の方がうまくいかない気がして、Ebayで安く出ていたのを買いました。(でも、送料の方が高かったですが 爆)
【2008/03/22 23:12】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
カンナ→はぎあわせ用に~ですか! なるほど キットじゃないバイオリン製作に入るんですねっ♪ 材料の木はベランダで乾燥させた木材ですか それともチェコ(トーンウッズだっけ?)から購入したとかかな?♪ カタログほしいなぁ~
【2008/03/24 05:58】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
え~っと、とりあえず、形からということで(爆)。

板は切り出してから最低5年は寝かせたいので、ベランダの丸太はまだまだ若すぎです。(でも、切り口を止めておかなかったのでヒビ割れだらけになってきましたが・・・)
【2008/03/24 22:11】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
カンナ~ なるほど!♪ 先ずは道具をしっかりそろえて(手ぐすねひいて)、ある日作戦は怒濤のごとく始まるのですね!!♪ その日が来る時を楽しみに待たせていただきまぁす♪♪♪(笑)丸太?割れてきてるんですか!! ひび割れ…端の方だけなのかなぁ?
【2008/03/26 09:08】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
生木の乾燥は難しいです。普通は、わざと割れ目を入れて、制御するのですが、挽き割りするような大きなノコギリを持っていないので、そのまま転がしていたら、細かな亀裂だらけです。まぁ、こいつは、最悪、椅子にしてしまうという手もありますデス(笑)
【2008/03/26 22:00】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
あれまッ! 椅子ですか(笑)
乾燥は難しい→最初は流水の中で乾燥?させるのが良いらしいですネッ♪ ところで何の木の丸太なのでしょうか?
【2008/03/29 07:09】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
丸太は松の木ですよ。
楽器に使う木は、それように売っているのを買うのが正しい選択ですね(笑)
【2008/03/29 16:14】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
そうですかァ松というと 黒松 赤松のあたりですネッ 松科の範囲であればスプルースが表板材料の主役ですが近い種類で赤蝦夷松なんかが使えそう…だけど本州には普通無いですネッ(^^;ゞ バイオリンを触るようになってから 再び木(材木)に興味を持つようになりました コブシの木や木蓮やタイサンボクの木を見かけると あの木ならバイオリン作れそう♪とか~考えてしまうようになりました ちなみに 我が家には 楓の木があります 台湾原産で 幹の直径が1.5cm位かな…(笑)
【2008/03/30 04:58】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
楓の木、(杉のように)直径40cmくらいになるまで、枝刈りをしながら、まっすぐ育てて、是非、バイオリンの材料にしてあげてください(何年かかるのか分かりませんが 笑)。
日本の楓だと固すぎるという人もいますが、色々と試してみると面白いと思いますデス。
【2008/03/31 04:07】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
ハイッ!ヽ(^^*) 目指せ→直径40センチメートル!! よく言われている日本の硬い楓というのは 葉が5裂にわかれているタイプのものでしょうか それとも古くに大陸から渡ってきた唐楓の事でしょうかァ~? 国産材なら木質の軟らかい朴の木か桂が使えそうですね 朴の木ならたまに虎杢が入っているものもありますしネッ スチュワート.Mの次は版木用の朴を裏に~スプルースのまな板を表に使って作ってみます♪
我が家のメイドインドイッチュラントのバイオリンに使われている楓は削ってみると軟らかかったです しかしこいつは板が分厚いなあ~(笑)
【2008/04/02 06:31】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
ずいぶん木材にお詳しいですね。色々な木材での楽器製作期待しています♪
【2008/04/02 23:00】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
はい やってみます 以前接着の時にネックが傾いてしまっていたスチュワート・Mキットは 引き剥がして 削り治して 再接着しました 毎日見る度にネックの傾きが気になって(先に指板を接着してしまえば分らなくなるのに)……(笑)膠を剥すのも勉強(練習?)になっていいかな?(笑)
【2008/04/04 06:44】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
すごいですね。ネックも剥がしたのですか。ずいぶん経験値を積まれましたね。
【2008/04/04 21:25】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
趣味ですからネッ楽しみながらやってます♪ ネックの剥し…お湯を付けながら、半分力任せにスクレーパ- を叩き込んでイキました!! プロの方は どんな風に作業しているんでしょうねェ(笑) 再接着後のネックの付根とか…削ったりこじったりして 隙間ができてしまいました 膠とニスで埋めれば大丈夫かな~♪(笑)
【2008/04/05 16:23】 | URL | ハジメマシテ #-[ 編集] | page top↑
隙間は、楓の粉を膠で溶いて埋めましょう。隙間にちょうど入るくらいの薄板を作って埋め込むのもよくやる手ですよ。
【2008/04/05 23:53】 | URL | い~ぐる #Hble4PXk[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/19-4e8871f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |