FC2ブログ
川畠成道:モーツァルトツィクルス 3回目
今日は、イトコからもらったコンサートチケットの最終章。
川畠成道モーツァルトツィクルスの3回目である。

(じつは、ずいぶんたくさん記事を書いたところで、一瞬のキー操作で全部消えてしまった・・これだから、WEBに書くのは嫌いなんだ・・ 気を取り直してもう一度)

今日のコンサートは前の2回とは場所が異なる。前の2回は築地の朝日浜離宮ホールだったが、今回は勝どきの第一生命ホールである。(朝日というのが頭に入っていたので、危うく朝日生命ホールへのアクセスマップを持って行きそうになったのは ナイショ)

開場調度くらいに入り、席を探す。
今回は7列ということで、ホールの前方1/4~1/3くらいの場所にあたる。
すでに、両脇には人が座っていて、その間に入る。

開演までしばらく時間があるので、持ち歩いていた本
これ一冊でもっと分かる弦楽器のしくみとメンテナンス〈2〉マイスターのQ&A 使いこなし篇 これ一冊でもっと分かる弦楽器のしくみとメンテナンス〈2〉マイスターのQ&A 使いこなし篇
佐々木 朗 (2000/06)
音楽之友社

この商品の詳細を見る

を読む。

すると、しばらくして、隣から寝息が・・イビキまで・・^^;

いつまで寝ているのだろうと思ったけれど、開演の拍手で目が覚めたらしい。
(が、一曲目が始まって早々にすぐに寝息を立て始めた ^^;)

開演である。

あ、ピアノの子、茶髪だ。
茶髪は頭悪そうに見えるから、音楽家には向いていないと思う(当然ながら、私見である。異議は却下する)。

第1幕の演題

・ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ト長調 K.379
・第1幕のアンコール
 ・K.304 第2楽章
 ・K.301 第2楽章
じつは、アンコールは前回と前々回の演題曲であった。

川畠さんの感想である。
「モーツァルトは聴くに易しく、弾くに難し」
あれ?前回も前々回も同じこと言っていたぞ?
「同じことばかり言っていると思われる方もいらっしゃると思います。」
本人も自覚しているのか(笑)

「今回、これだけ集中的にモーツァルトをやるというのは、これまでにないことで、この中から何かが見えてくるのではと思って取り組んできました。」

ふむふむ

「で、見えてきたのが、やはり、
モーツァルトは聴くに易しく弾くに難し
だったのです。」

^^;

第2幕は弦楽4重奏で、その間、20分休憩である。

と、隣のおじさんに声を掛けるおばさん一人。
「K子さんは、どうしたの?」
「これなくなったんで、代わりに来たんだ」
・・・
代役だったら、私と同じだが、始まる前からイビキをかく人を代役に立てなくても・・^^;

第2幕の演題

・弦楽四重奏曲 ニ短調 K.421
・第2幕のアンコール
 ・同 第4楽章

弦楽四重奏曲はビオラの音が心地よい。ビオラいいな・・

さて、これで、全日程に用事が入って聞きに来れなくなった不幸なイトコから譲っていただいた3回のコンサートシリーズは終了である。貴重なチケットいただき、ありがとうございました。

終演は15:30だったので、まだ外は明るい。

秋葉原に行って、MIDIジュークボックスの試作機の部品でも調達しよう・・

勝どきから秋葉原は、両国まで大江戸線で行き、JRに乗り換えれば近い。

秋葉原、すごい人だ。みんな何しにくるんだろう・・

人ごみの中を何とか抜け出そうとする い~ぐるの前に、
「よろしくおねがいしま~~~す」と、やたらと長い語尾のメイドさんがチラシを差し出す。

え”!? なんで、駅前にメイドさんが?
驚く、い~ぐる。
が、ふと、周りを見回すと、あちこちでメイドさんがチラシを配っている。

あまりに驚いたので、チラシも受け取らずに通り過ぎてしまったが、良く考えたら、こんな機会はめったにないのだから、一緒に写真でも撮らせてもらっても良かったかも(^^;)


本題に戻ろう。

今日の漢(おとこ)の目的はそんなところにはないのだ。

目指す店は2店。
まずは、日米商事
この怪しげな名前の店、おそらく戦後直後は米軍の放出部品を扱う店だったのだろう。今は、企業の廃棄した部品を買い取り(引き取り?)売っている。新品ではないが、未使用部品がほとんどであり、動作するかどうかも怪しいが、ここにある部品は「普通の」店で売っているものよりも安いケースが多い。
ここでは、
・5ピンDINコネクタ(MIDIコネクタ) 4個(各32円)
・DCジャック(ACアダプタ受け口)  2個(各32円)
・ダイオードブリッジ(電源回路用) 5個(5個105円)
・セラミック発振子(マイコンクロック) 3個(3個105円)
を買う。総計390円。計算合わないけど・・・
ま、いいか(笑)

思ったより、収穫があった。特に、DINコネクタがあったのは良かった。

次に向かうのは、千石電商である。こちらも、怪しげな店だが、日米よりは普通の部品ルートで入手したものが多い(^^;)

が、途中、1GB miniSDカード2980円に引き寄せられ、ついつい購入していた(^^;)

千石電商では、5ピンDINコネクタ(オス)と、電源IC(2個)とトランジスタ2種(各10本)で、しめて400円。

気がつくと、喉が渇いている。

駅前のメイドさんからチラシを受け取っておけばよかったか?(^^;)

と、思いながら、ドトールで、オレンジジュースを飲む。

その後、ラジオデパート、ラジオガーデンなどの部品屋を散策し、帰途につく。

今日もいい1日だった・・と、日記には書いておこう。
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/06/24 20:37 】 | コンサート | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
<<バイオリンの音程ガイド | ホーム | ついにロゼッタ>>
コメント
い~ぐるさんの新しいテンプレート、なんだか前とイメージががらりと変わりましたね!

川畠成道さんの演奏、一度聞いてみたいです。
絵と彼の書いた短い文で出来ている本を少し前に読みました。
胸に響く文でした。

彼のモーツァルトはどうでしたか?
私はモーツァルトになるともう悩んで悩んで進みません・・・
もっと好きになれたらなあと思います。
【2006/06/25 00:54】 | URL | akiko #-[ 編集] | page top↑
おひさしぶりです。

メイド、、、いや、、まいどの事ながら、製作ペースの速さには感心してしまいます。
しかも気が付けば、ジュークボックス?ですか。

なんとなく、メイドさんをかたわらに、オレンジジュースを飲むい~ぐるさんの姿が、フラッシュバックしてしまうのですが、気のせいでしょうか、、。

でも、本来の?秋葉の姿を保つ、二つのお店を押さえていらっしゃるのは、さすがですね。

ところで、お母上はもうイタリアに来られたんでしたっけ?
この時期は暑いので、観光も大変だと思います。

ではまた~。

あ、川畠さんのこと何も書いてない、、、。

【2006/06/25 15:22】 | URL | 菊田 #DiB9ro52[ 編集] | page top↑
akikoさん、音楽家の方々はみんなモーツァルトには悩むみたいですね~

モーツァルト自体をそれほど聞き込んでいるわけではないので、あんまりえらそうなこと書けないのですが(^^;)、このシリーズ、ピアノとヴァイオリンのためのソナタが中心だったのですが、どうしても、ピアノが主になるような曲想に聞こえて、川畠さんのコンサートなのに、いいのかなぁ・・と思ってました。

それと、もう少し、感じの違う曲を挟んでメリハリつけてくれないと、隣のおじさんではないけど、聴く方にもモーツァルトだけで構成されるコンサートは辛いものがありました(^^;)
【2006/06/25 21:45】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
それは、菊田さんの潜在意識のなせる業でしょうか? (笑)
108の業を背負い、日本滞在の間、冥途喫茶に向かう、菊田さんの姿が・・(爆) (名古屋にあるんでしたっけ?)

巷で話題のメイド喫茶、一度は体験したいと思いながらも、システムも分からない店に一人飛び込むほどの無謀さは持ち合わせていないので、まだ未経験です(^^;)

あ、ストリング、読みました。よく出来た奥さんですね~ あの奥さんあってこそ、今の菊田さんがいらっしゃるのですね♪

作るものばかり増えていって、収集が付かなくなりつつあります・・・

ジュークボックスの前に、試作機として、音階「だけ」を延々と出し続ける簡易スケール発生器を安いマイコンで作成しようと、今回の調達はこちらがメインでした。

何しろ、楽器を持ったときにPC立ち上げるのが億劫な人間なので、音階練習もMIDI経由でガイドを出しながらするのが良いかという結論で、音程が安定しない私には必要性・緊急性が高いのです(^^;)
【2006/06/25 21:52】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
モーツァルトのヴァイオリンソナタは・・・
確か、初期時代の作品はピアノが主流でヴァイオリンがそれを盛り立てると言うか、装飾的に(ああ、うまく言葉がみつからないのですが)つけられたんだったと思います。

ほんとに悩みます・・・
一度クラリネット五重奏を誰かにお願いしてやってみようかなと・・・
あの曲をやってみればもしかして開けるんでは!!??と勝手に思っています。
コンチェルトがもう悩みの種なのです・・・!
でも、一度パリで2楽章だけ小さなオケと一緒に演奏させていただいたら自然に音楽に入っていけたんです。
無理やりでも1楽章もさせてもらえばよかった・・・と後悔していますv-39

【2006/06/26 00:17】 | URL | akiko #-[ 編集] | page top↑
初期の曲については川畠さんもそういっていました。
選曲したのは、K301以降のバイオリンをしっかりフィーチャーした曲からだそうですが、やっぱり、バイオリンのための曲というか、良くてピアノと対等、場合によっては、やっぱりピアノ曲という感じに聴こえたんですよね~(私だけかも?)

このシリーズ最初のコンサートでは、クラリネット5重奏をやっていましたよ。(クラは1本しか入ってませんでしたが)
クラ奏者にとってはモーツァルトは大恩人だという話を演奏していた澤村康恵が言ってました。

悩み続けるって、大切だと思います。それだけ、深く考えているわけですから。
がんばってください。
【2006/06/26 08:07】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/185-a8d57b39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |