FC2ブログ
プリンタのテスト打ち出しをしながら・・
このところ、資料作りが山場を迎えつつあるというのに、職場のプリンタの調子が今ひとつ上がらない。(というか、はっきり言って調子悪い)

このプリンタ、レーザープリンタであるが、1997年購入品であり、普通の職場ならとっくに廃棄処分になっているだろう。メンテナンスもせずに、よく今までがんばっているものだと、感心はするが、実際に思ったように印刷できないので、実害は出ているのだ。

今日、昼間、やはり何枚かテスト印字してプリンタの調子を見たい状況になり、テスト印字する資料自体は何でもよかったので、前から目を付けていた、カノン砲の正面写真



を印刷することにした。
画像をダウンロードし、少しペイントで拡大し、印刷する。

すると、
カノン小


こんな感じである。ローバウツの幅をものさしではかり、これが、206mmになるには何倍すればいいかを計算し、ペイントの倍率をそれだけかけてみる。

そして、テスト印字2回目である。

カノン原寸


今度は、ばっちり206mmだ。やった。
ん、でも、よく見ると、表板と裏板で微妙に形が違うような・・菊田さんは左右対称でないと言っていたし・・

ま、い~ぐる理論によれば、対称性は見た目にはよくても、音的にはお勧めできないのである。つまり、楽器の胴は音が定在波を作るような部分はなるべく避けるべきで、非対称・非並行を基本とすべきってのが、い~ぐる理論である。
これは、スピーカーキャビネットにもあてはまるので、我が家のスピーカーは太鼓の形のものを選択している。


あ、これは、プリンタのテスト印字ですから・・
別に遊んでいるわけではありませんよ~♪



で、家に帰ってくると、郵便受けに・・

SVS


こんなものが・・・

気のせいかもしれないが、

S.V.S. Tone Woods様から

とか書いてあるような・・・

これは、もしや、スロバキアの楽器用木材屋さんではないか?
どうして、私の気持ちを見透かしたかのように、こんな連絡表が家に来るのだろう、とっても不思議な火曜日である。


残念ながら、郵便局はしまっているので、すでに取りにいけないが、明日の夕方の会議が早く終われば明日・・でなければ・・・
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/06/13 20:40 】 | バイオリン製作(一般) | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<ネックを削る@eagle | ホーム | 次のレッスン>>
コメント
なんか、雄雄しいというか、男性的な感じを受けますね。
【2006/06/14 00:42】 | URL | hiro #H6hNXAII[ 編集] | page top↑
fの上側の穴を目に見立てると、怒ったような顔に見えません? 笑
【2006/06/14 01:35】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/172-1fc5ab14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |