FC2ブログ
kityの裏板
菊田さんの楽器を試奏させていただき、楽器が鳴るというのは、こういうことかと改めて感じたのだった。

で、kityの設計を再度見直してみると、裏板の削りの時にドリルストップを3mmにしているのが気になる。

裏板の板厚を2.4mm程度に設計したかったのだが、初めてボール盤を使うし、eagleで裏板を削りすぎた経験もあったので、少し安全サイドに振ったのだった。

だが、2.4mmが3mmになるというのは、25%増量中というようなものである。

たとえて言うなら、標準体重が40kgの女性が、50kgになった体でマラソンするようなものか・・・ ^^;

裏板のメイプルは、特に内部損失の大きな材である。そこで、増量された分は音を消す方向に働くはずだ。

もちろん、薄ければいいなんていう単純なものではなく、板が共鳴するには適度な剛性と重さのバランスも必要なので、単純にはいえないのだが、25%増量はいずれにせよ、大きすぎる可能性が大である。

ということで、kityの次のステップは、再度、裏板の板厚調整ということになる予定だ。

が、・・・塗装したバイオリンの板を剥がすのは、これまた未経験ゾーンであり、本当にうまく行くのか、はなはだ疑問なのだ ^^;

フロロカーボン弦遊びが終わってから、ゆっくり計画を立てることにしよう。

釣具屋さんからメールが来て、釣り糸リール、70号は30m巻きがあるが、他のは50m巻きが最低らしい・・・50mである・・何台分の弦を作れというのか ^^;

しかも、太い50m巻きのフロロカーボン釣り糸はかなり高価である。音出しの結果がよければ、有志に有償で小分けするなど、多少なりとも、回収を考えないと駄目かも ^^;

今、時間は午前1時半である。
今日は、東京で会議で、会議終了が22時を過ぎていたので、直行で帰っても、家に帰りつくのは、午前1時になってしまった。(たまには仕事もしている様子を書いてこう 笑)

疲れた体を引きずって、部屋に上がると・・・

プラン


ん?

A.Stradivari
1710

とか読める?

はは、まさかね、そんなはず・・
スポンサーサイト



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/05/31 01:33 】 | バイオリン製作(kity) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<認識能力 | ホーム | バイオリン弦の製作検討>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/156-e02d6df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |