FC2ブログ
海峡を渡るバイオリン
いつごろだったのだろう、「海峡を渡るバイオリン」というドラマを見て、バイオリン製作者陳氏の歴史をざっと知った。ところが、このドラマ肝心なバイオリン製作の部分はあっさりしていて、自分が作るときの参考にはなりそうもないなぁと感じていた。


海峡を渡るバイオリン~ディレクターズ エディション~

海峡を渡るバイオリン~ディレクターズ エディション~

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2005/11/04
  • メディア: DVD



そういえば、あのドラマって、DVDが出ているかもとアマゾンで検索したときに、上のDVDのほかに書籍も出ていることを知った。

こちらの書籍は陳氏自らの執筆である。もしかしたら、彼の製作の話が書かれているかもしれないと、にわかに興味を持ち、アマゾンへ発注したところである。
なんだか、このところアマゾンにずいぶん貢献しているな・・笑



海峡を渡るバイオリン

海峡を渡るバイオリン

  • 作者: 鬼塚 忠, 岡山 徹, 陳 昌鉉
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2002/09
  • メディア: 単行本



スポンサーサイト



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

【2006/02/16 19:24 】 | バイオリンの本 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<バイオリン製作記(2005年9月~) | ホーム | 番外編:マンドリンキットの話>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/15-b3bdb03b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |