FC2ブログ
5度調弦
バイオリンの調弦はA線を合わせてから、AE,AD,DGの各組を鳴らしながら音を合わせる5度調弦を行う。
先生もそうやっているし、オーケストラを見てもそうしている。

が、両方鳴らしてビートを聞くといっても、それほど簡単なものではない。0度調弦(マンドリンの複弦や、ギターのフレットを押さえての同一音程での調弦)はいつもやってきたし、できるのだが、5度の音程のビートなんて本当に聞けるのかぁ?と手もつけていなかった。

前回のレッスンのとき、先生が「調弦大丈夫ですか?」と、調弦をすることになって、いつもなら、先生に渡してやってもらうのだが、自分で弦を弾いて、ファインチューナーを回す5度調弦を行った。
実は、弦を弾くのと、ファインチューナーを回すのは私がやったが、あっているかどうかの確認は先生がやったので、厳密には自分で調弦したわけではない(笑)

5度調弦はまだまだ先だと考えていたのだが、モハーさんが5度調弦できると聞いて、うむむと考えてしまった。
やれば出来るのかも?

と、このところ、5度調弦にトライ中。

ビートは聴こえるのだが、弓の震えと区別がつきにくいし、何より、2本の弦を両方鳴らすのが難しい。(これ、和音の練習でも難しいのだが)
鳴らそうと思うとならないし、鳴らしたくもないときにはなるものである。

と、結構、苦戦はしているが、クロマチックチューナーを見ながらビートを確認すれば何となくそれっぽくできるときもある程度にはなってきた。

慣れるまでは全弦ファインチューナー付きのeagleだけでやっておけばいいものを、cherryも5度調弦してみようと、トライしていたら、D線の駒がちょっと回りにくい。何度か調弦のために駒を回したり緩めたりしていたら、「バシッ!」と音がして、D線がゆるゆるに!
・・・
D線切れた
・・・
cherryにはHelicoreをおごっている
D線いくらだっけ・・・ ^^;

教訓:練習は練習に適した楽器と弦でやりましょう。
スポンサーサイト

テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

【2006/05/18 21:49 】 | バイオリン練習 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
<<駒の再調整 | ホーム | 宅急便到着>>
コメント
と言っておかなかった私が悪かった...^^;
じとじとした気候はペグ回りにかなり影響ありますねぇ...。
ヘリコアはペグでは厳しいかもしれんです。同門の方で張っておられる方がいますが、師匠はやはりファインチューナーを推奨されておりました。
5度調弦は慣れればある程度できると思います。理論的には例えばA線を440Hzとした場合、純正5度のE線は660Hz、660Hz - 440Hz = 220Hz のA音は結構聞こえます。ビーンという感じの音が聞こえれば大体OK。ピッタリあったときはA線とオクターブでハモるのでかなり綺麗に響くと思います。チューナーによってはこの差音を拾ったりしますね。重音を弾く練習にもなるのでお薦めです。弦を切らない限りは^^;
なぜにヴァイオリン弦はあんなに高価なのか...。
【2006/05/19 01:32】 | URL | モハー #-[ 編集] | page top↑
どうやら先ほどのコメント、題名とURL を逆に入れてしまったみたいです...。申し訳ないです。
【2006/05/19 01:36】 | URL | モハー #-[ 編集] | page top↑
やっぱり、ペグだと難しいですねぇ・・
特にG線などの低い弦が難しい気がします。

大体の追い込みはできるのですが、最後の一歩で思ったように調整するのが難しいです。

cherryは、最初は中国製の安いナイロン弦を張っていたのですが、表面処理がワックスでもかけたかのように、つるつるで全然弓が乗らず、手持ちの在庫の一番まともそうな弦に張り替えたのでした。

調子に乗って、マンドリンも5度調弦にトライしてみましたが、こちらは結構いけそうな気がします。マシンヘッドはやっぱ便利です ^^;
【2006/05/19 03:09】 | URL | い~ぐる #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adultviolin.blog55.fc2.com/tb.php/140-5c9ae397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |